<   2006年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

双子参上

f0025201_0325936.jpg
携帯を機種変更してやっとカメラつきケータイを買いました。
ほんと子供ってじっとしていられないですよね。
一番ましなのがこれです。
背の差がずいぶんあるように見えるけど、
息子がビシッと座ってくれなかったせいもあります。
ちなみに娘が手に持ってるのはドキンちゃんでーす。
写真撮るよーって言ったら、
慌てて持ってきました。
「ドキンちゃんもいっしょに撮らなきゃ」だそーです。


          「くっついて」と言ったら逃げる弟ににじり寄った姉に一票お願いします→
f0025201_22153464.gif        
by keikototyuyo | 2006-03-31 22:26 | 自己紹介 | Comments(0)

ショック映像とハッピーな出来事

毎日毎日大変だった話ばかり・・・明るい話題はないのかっ?!
っと自分に問いたいですが、今日もショッキングな事件が・・・。
娘も私も耳のせいで抗生物質を飲んでいるので、お腹の調子が悪いです。
ここから先はバッチイ話なのでどうぞご注意ください。

せっかく娘のオムツが取れたところですが、今日は仕方なくオムツをはかせました。
間に合わない・・・んです。
昼ごはんを食べた直後、ちょっとだけ・・・と思いパソコンを開いて眺めてました。
ほんの数分・・・。
ふとテレビを見てる娘に目をやると、なんと下半身裸・・・!
し、しかもゆるゆるウ○チまみれでソファーにもたれています。
「どうしたの!!!」
と近づくと、床も手に持っているおもちゃもソファーカバーもクッションもべっとべと・・・。
しかも手に持ったしまじろうのトングのおもちゃでもてあそんでなすりつけた様子。
一瞬絶句のあと、大カミナリを落としましたとも。
これを怒らないで何を怒るのだ。

とりあえず足の裏と床だけふいてお風呂へ。
体を洗いながらも、居間に残っている息子の余計な現場検証で
二次災害が起こっていないか不安が。
耳を澄ませると、ビデオを見てお気に入りの場所で
ぴょんぴょん跳ねてる音がするので大丈夫。

ものすごい迫力で説教しながらすっかり体を洗い、
後は洗濯三昧。とほほ。

ちなみにウ○チがゆるくて、もらしてしまったことは怒ってません。念のため。
本人のせいではないので。
ただすぐ私に知らせないでズボンを脱いだこと、ウンチは汚いことなどを言いました。
その後また出た時は、今度は脱がないで足を開いてこらえてました。(笑)
以上、失礼しました。


あっ、明るい話題かどうかわかりませんが、
最近息子は居間のオートロックのボタンを押して遊ぶのがお気に入りで、
今日、受話器を取って「あい!」っと言った!と思う。
私の「はい」の真似なのか???
だとしたらすごい嬉しい。まだ何もしゃべれない子なので。
毎日やるので明日は始まりそうになったらよく見ておかないと!
祝!か偶然か・・?でも3回くらいやってたような。




          足を開いて耐えた娘に一票お願いします→
f0025201_22153464.gif  
by keikototyuyo | 2006-03-28 23:27 | 日常生活 | Comments(0)

耳鼻科へ

おとといの夕方のこと。
そろそろ夕食の準備と思った頃、娘が急にぐずりだしました。
夕方はいつも眠くて機嫌が悪いのでまたかと思ってそばに行って
あんぱんまんのビデオ見るー?とか言っても眉間にしわ・・・ひどい表情。
「お耳が痛い。」すごい声で泣き出しました。
おっーーーと中耳炎か?
「ほんとにお耳痛いの?」「ぴー!!びー!!(泣き声)」「・・・ほんとに?」
もう夕方でもあったし、そうでないことを祈って何回も確認しましたが、
「痛い。」(きっぱり。)

この地に2年前引越してきてから初めての耳鼻科。
タウンページで調べ電話して18時までやってるところを発見。
でも行って帰って19時。20時には寝るのに、ご飯もお風呂もまだ。
ちょっと優柔不断にしていたら、
「お医者さんに行く。」(きっぱり。)
「そ、そっか。じゃあ行こう!」(うーむ。なかなかしっかりしてるのう)

後で考えれば、とりあえず座薬で翌朝病院でもよかったかもしれません。
でも心配ですしね。
そういえば風邪が治ったはずなのに、ちょっと前に急に39度の熱が出て、
翌日には、微熱に下がった。あれは中耳炎だったんだと納得。

受付終了時間まであと15分。
息子をバギーに乗せ、娘の手を引いてガンガン歩いていきました。
きっとかなり前傾姿勢で歩いてたでしょう。
あせりながらも耳鼻科は赤ちゃん時期依頼久しぶりなので、
「先生にこうやってお耳をみせちゃおおうねー!みてくださーいって。」
とイメージトレーニング。これが大事です。急にだと怖がりますよね。
「はーい。」といい返事。素直だ。相当痛いんでしょう。

子供の足で15分。病院にやっと到着。
古いビルの2階です。もちろんエレベータはないので、娘には口で色々指示して、
息子を降ろして手をつないでバギーを担ぎます。軽いものです。
赤ちゃんの時は一人で双子を病院に連れて行くのはホントーに難儀でした。
階段のあるところはベビーカーは無用心だけど階段の下に置きっぱなし、
一人をおんぶ紐でおんぶして、かばんを持ち、もう一人を抱っこして上がります。
保険証や診察券、お金は片手でもすぐ出せるところに入れないと大変です。
クリニックの下から電話して、誰か手伝いに来てもらったこともありました。
看護婦さんにも、ちょっと抱っこしていただけますか?とお願いします。
もう頼めるものはすべてお願いしちゃうしかありません。

耳鼻科の話に戻ります。
入ろうとすると息子がパニックになりました。初めてのところで「何か」気に入らないと
怒ってのけぞってしまいます。
ツーンと鼻をつく病院特有のにおいか、雰囲気か、病院=痛いからか、わかりません。
暴れるのを何とか抱っこして初診の受付をしながら、
少しびびってる娘に靴を脱いで!とか、人の靴を踏まないで!とか、
ここに座って!とか言いながら、息子の靴とみんなのコートを脱がせ、
我ながら千手観音のようです。

意外と待ち時間は短く、すぐ呼ばれましたが、息子を誰かに託すことはできません。
こういうときも「お願い」です。
診察室の中を見るとややご年配のお医者さまと看護師さん。
「自閉症」ということばはあえて出さず、
「す、すみません。診ていただきたいのはそっちの子なんですが、
この子は障害児で、私が抱っこしていないとちょっと無理そうなんです・・」
というとお医者さんは無言でしたが、看護師さんが「あらら」という様子で
すぐ娘を抱っこして診察台に上がってくれました。ありがたいです。

あばれる息子を抑えながら、口は娘に。
「お耳もしもしするよー。ほーらほらほらもう終わった!今度はお鼻を見せてねー。
あっ、今度はお口をあーんできるかなー?」
うるさい母親ですね。
やはり中耳炎でした。なかなかけなげに診察を受けてました。
でもあの「鼻とかのどに白い蒸気を当てる装置」はびびってできませんでした。
まぁ仕方ないですね。まだ3歳です。

帰りはお弁当屋さんでお弁当買って、のんびり夜のお散歩で帰ってきました。
ご飯を食べ薬を飲ませると、二人とも大あくびで、もうお風呂には入れずすぐ寝かせました。

ちなみに翌日、昨日の土曜ですが、息子は主人に託して娘だけ連れて行き、
私も風邪のあと鼻のかみすぎで耳が遠くなってしまったのを診てもらいました。
耳から空気を抜いてほしい・・そんなばかみたいな症状で来る人いないよね・・・
と思っていったら、ありました。そういう機械が。耳が吸引されるんです。
鼓膜がおかしくなっていて、蓄膿症にもなってるのでと抗生物質を処方されました。
鼻と耳とに機械を当てて、何だかすっきり。来てヨカッタ。
風邪のときは内科もいいけど耳鼻科もいいということを久々に実感しました。
ブラボー耳鼻科。



人気blogランキングへ参加中です。「読んでるよー」っとクリックお願いいたします
f0025201_22153464.gif  
by keikototyuyo | 2006-03-27 00:25 | 日常生活 | Comments(0)

外出は自閉症児にとって苦痛?

ここ一週間、息子→娘→私と風邪ひきリレーをしてました。
子供達は熱と鼻、私はお腹とからだの節々が痛むのと悪寒・・・。
昔よく母が風邪をひくと体が痛い痛いと言ってたなぁと思い出して、
子供の時は、体が痛いなんて大人って変なの~っと思っていたのに、
いつしか自分も大人の風邪をひくようになったんだなぁと少し感慨深かったです。
ちなみに母はまだ元気ですけどね!
ちなみに主人も「のどが痛い。寒気がする!風邪だ!!うつった!!!」
と昨日から大騒ぎしてますが、
それでもタバコは吸うし、ご飯はよく食べるし、車の運転もするし、野球の応援は大声でするし、
「ほんとに風邪ひいたら、そんなに元気にできんわい!」と内心文句たらたらでした・・・。
特に寝込んだ記憶もないのに、
「今年の冬は一体何回風邪ひいたんだろう」
なんて言ってるし。ほんとに男はそういうとこ弱い!
・・・本人には言いません。喧嘩の火種です。

今日は私の実家に行ってました。車で40分くらいのところにあります。
その日によって違うんですが、今日は息子がとても居心地悪そうにしてるパターンでした。
おもちゃでちょっと遊んでは、帰りたそうに車のところへ私を連れていこうとしたり、
帰りたそうに玄関で一人で座っていたり。

楽しそうに積極的に家の中を動く時もあります。
ちょっとかわいそうだし、父母にも何だか悪いし、でも野球の決勝戦が終わらないと帰れないし、
私も気分的に落ち着きませんでした。
結局野球が終わってすぐ帰りました。パパ次第です。
外泊してもその時の調子で、ご機嫌だったり、ずっと帰りたそうにしてたり色々です。
言葉が話せないので意思も伝えられないし、ストレスも大きいのかなぁと思うけど、
だからといって帰るわけにもいかない時はいたたまれない気持ちです。
心の中をのぞけたらなぁ。
でもすぐあきらめないで、少しずつ自分の家以外で過ごすことを経験させることも
大切ですね。
by keikototyuyo | 2006-03-21 22:24 | 外出 | Comments(0)

いまさらですが自己紹介(三歳当時の記事です)

双子は現在3歳4ヶ月。
女と男のミックスツインです。息子は2歳4ヶ月で自閉症と診断されました。
発達検査も何回か受けましたが、直近では実年齢を「100」とすると息子は「51」という数値を出されています。
言葉はひとつも出ていません。

障害の等級としては50未満が中度ですが、
発達検査をした臨床心理士さんによると、発達検査は運動面も含まれて診断されているので、
知的という意味合いだと運動面は入らないので、実質、中度の知的障害だ、ということです。
(発達指数は相対的に年々下がり2012年現在は重度です)

特徴は、偏食が激しいこと、危険がわからないこと、
内向的なこと。決して天真爛漫タイプではないです。
色に対するこだわりがあり、赤・青・黄のものを選んで並べます。
乗り物が好き。水が好き。風や煙や湯気も興奮します。
クルクル回るものも好きで、床屋さんの赤青のクルクル回るのを見ると興奮しちゃいます。

皆さん絵カードや写真や文字をうまく使ってコミュニケーションに役立ててますが、
今のところあまり使う場面がありません。
実家に行く前におじいちゃん・おばあちゃんの写真を見せようとしても、
興味ないという感じで見てくれません。
((2012年追記)後に、4歳ちょうど位から写真による予定の予告を始めました。
非常に役に立ち、それ以降、なくてはならないものになっています)

行き先はどうでもいいみたいです。
思ったことと違うことになって怒ることは今のところあまりないかな?
ただ、危険がわからないので、外を歩く時は車のある道だと、
しっかり手をつなぐか、3歳でもバギーに乗せてないと、たぶんすぐ車にひかれちゃうでしょう。
外を一緒に歩く時はとても緊張します。手首をしっかり持ちます。
お返事で手を上げたりニコっとしたりもしません。バイバイもしません。
でも私が手を広げると、いつでも嬉しそうに走ってきて抱きつきます。

現在、地域の訓練会に週一回通っていて、4月からは週2回の療育も始まります。
4月からは双子の姉は幼稚園です。

これが息子です。どうぞよろしくお願いします。



人気blogランキングへ参加中です。「読んでるよー」っとクリックお願いいたします
f0025201_22153464.gif  
by keikototyuyo | 2006-03-18 23:57 | 自己紹介 | Comments(4)

風邪でしょうか

一昨日の夜中から息子が高熱を出しました。
私が寝るとき、たまたま布団をかけようとしたら、「ガタガタ」ふるえていました。
あわてて熱を計ると38.5度。
さっきまで元気だったのに・・・!
歯をガタガタさせながらもグーグー寝ているので、とりあえず私も寝ました。
するとやはり夜中の4時頃泣き声ともうなり声ともつかないひどい様子で起きました。
からだが燃えるように熱く、まるで怒って暴れているような感じだったので、
これは座薬しかないと思って主人に抑えてもらってどうにか挿入。
私が座薬を用意している間、暴れて頭だけは打たないようにと主人に託すと、
主人も気が動転していたのか、「大丈夫か?!大丈夫か?!」と大きな声で呼びかけながら、
強く抑えすぎてしまい、ますます激しく泣いて暴れてしまいました。

こんなときは積極的に触られるのがとても不快のようです。
主人に離れてもらって、ほんのしばらく勝手に泣かせて、
私がだまって手を差し出すと、そっと抱きついてきました。
これこそ「あ・うん」の呼吸でしょうか。
少しの間抱っこして、布団におろすとしばらくして寝ました。

翌日クリニックに行くと、熱が高いのでと抗生物質を処方されました。
薬を飲ませるのは戦いです。
ここ半年は何としても飲まず、風邪をひいても自然治癒を待つのみ。
シロップ、何かに混ぜる、粉をこねて小さい玉にする、押さえつける、すべて失敗してます。
本人に飲む意志がないのでペッと吐き出すか、飲んでもオエッと吐いてしまうか・・・。

でも今回は39.8度あるのでどうしても飲ませないと。
粉をこねて小さい玉にする方法でトライ。
とてもお見せできない戦場・・・
二人とも汗だく・・・
何とか舌の奥のほうに乗せることに成功です。
後は気持ち悪くて吐く前に大好きなビスケットとジュースを口に。
「薬は食後に水で」なんていう常識はこの際無視です。

これを半日やり、今日の朝は37.5度に下がりました。ふぅ。
今年度の幼児訓練会の最終日だったのに欠席になってしまい、残念。
1コ上の子たちのお別れ会でした。
息子はあと1年、療育と平行してお世話になります。

晩から今度は娘が咳をし出しました・・・。双子はいつも風邪の移し合いです。



人気blogランキングへ参加中です。「読んでるよー」っとクリックお願いいたします
f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2006-03-14 22:18 | 日常生活 | Comments(2)

かっぽんかっぽん

昨日はお天気がよかったので、みっちり3時間公園で遊びました。
公園に出るのは久々だったので、新鮮だったみたいです。
娘はお友達と嬉々として遊び、
息子はと言えば・・・
マンホールに石を落としたり、私のひざに乗ってブランコで興奮したり、
疲れると自分でバギーに乗って休憩していたり。マイペースです。
マンホールの上にうつぶせに寝転んでいる時、私がママ友達とちょっと離れたところで見ていたら、見ず知らずのご婦人が、
まぁボクどうしたの?って感じで心配そうに近寄っていったので、
慌てて「すいません!その子は大丈夫です!」
とダッシュしました。
息子を抱き上げようとすらしてくれて、やさしそうなおばあちゃんでした。
まぁ確かにかなり変な様子だったんでしょうね。

夕方さすがに疲れたのと空腹で、二人とも機嫌が悪くなってきました。
夕食の支度ができたので娘をトイレにうながした直後、電話が。
4月から通う療育センターの日数と曜日が決定したという連絡です。
私は週3日の月水金で希望を出したのに、会議の結果火木の週2になったとのことでした。
ガビーン・・
確約はなかったものの、それでいろいろ予定を立ててしまっていたので、頭が混乱です。
でも決まったものはしょうがないので、とりあえず電話を切って「はぁ」と思った瞬間、
「カラカラカラカラカラ・・・」
「ん?カラカラカラカラカラ?」
しまったー!!!娘のことを忘れていた!
トイレに走ると、山のようなトイレットペーパーが手に。

「多すぎ!多すぎ!」と便器からおろしてパンツをはかせ、
ふと見ると、便器に満々と水が・・・。
詰まりました。初めて。
意気消沈から一気にあせりに。
「落ち着け。落ち着け。あたし。」
こういうときは子供は叱りません。ほんとに困ったときは叱る余裕がなくなります。
間抜けですが、もしかして・・・と思い、つい水を流してしまいました。
あふれました。思いっきり。バカです。
ぞうきんで吸わせてしぼり、また吸わせてしぼり・・・最悪。
便器は表面張力状態なので、洗面器ですくって流しに捨てをくり返し。
少し少なくなったので割り箸で穴をぐりぐりやってみました。素手で。無意味でした。

マンションの管理室にあの「かっぽんかっぽん」やるやつがあると聞いたことがあったので、
電話すると、ありますので取りにきてくださいとのこと。
家からは往復15分はかかります。(巨大マンションなので)
機嫌の悪い二人を連れて行くのは無理。一人では行けない。
「子供が小さくて取りに伺えないんです・・・」電話口でもう泣きたい気分です。
ちょうど息子が限界で「ひー!ぎゃー!」と叫びだしたので、
「・・・じゃあ持っていきます。」
と快くではないけど言ってもらえました。

手を何回も洗い、子供に食事をさせていると、ほどなく届きました。
食後、恐る恐るかっぽんかっぽんしていると、
娘が居間のカーテンのところでいきみ始めてるではないですか。
こ、これ以上の修羅場はいやだ~!と10回くらい必死でやると
「す~」
っと水がひきました。
急いで娘を座らせ、セーフ。
「かっぽんかっぽんやるやつ」がすごーく頼もしく見えた瞬間でした。

一夜明け、今日はかわいそうに「ばっちいもの」扱いで私に持たれ、
任務を終えて管理室に帰っていきました。




人気blogランキングへ参加中です。「読んでるよー」っとクリックお願いいたします
f0025201_22153464.gif  
by keikototyuyo | 2006-03-09 23:40 | コトのこと | Comments(2)

食べると大きくなる

夕食は簡単なものばかりです。
パパがいつも深夜に帰宅するので、家ではほとんど食べないし、
子供と自分だけだと、手の込んだものは作りません。
作っても食べてくれないとがっかりだし、
何よりキッチンに立つと、食べ物の気配を感じるのか、何をしているのか気になるのか、
カウンターの向こう側にイスを持ってきて二人して乗り出し、
つまみ食いをしようとしたり、器具を触ってきたり、全く落ち着いて料理できません。

子供と一緒にキッチンに立って、お手伝いしてもらったり、一緒に作ったり・・・・
そんなのは夢のまた夢!
何しろ危なくてしょうがないので、キッチンの入り口にゲートを付けています。
まだまだ外すつもりはないのですが、そのうち体重で倒されそうです。

玄関で靴をいたずらしたり、裸足で降りて足の裏が汚れるので
玄関にもゲートを付けています。
以前玄関の外でドアを開けてかたづけものをしていたら、
二人でドドーっと走ってきて、そのままゲートごとダイブしたことがあります。
びっくりして二人とも大泣きしたけれど、私はしばしあっけにとられたあと、
玄関の靴にまみれて泣いてる二人がおかしくて、怒るに怒れませんでした。

さて、ツヨの偏食がひどく、毎日毎日、何を食べさせようか悩みます。
そんな時、ダメもとで出した「うなぎ」を息子が食べました。
別の日には、私を冷蔵庫に連れて行って、『持ち上げて中身を見せて!』の要求。
そして自分で納豆を取り出して、
いそいそと自分のイスに座ってバリッと開け、ペロッと食べてしまいました。
納豆なんて一年ぶりくらいです。良質のたんぱく質の摂取成功!
と思って見ていると、もう一度同じ行動を反復。
なんともう1パック食べました。
さらにもう一度反復したので、さすがに納豆パックを開ける前に取り上げました。
胸焼けするよ!



主人に言わせると「食欲中枢がちょっと・・・」
・・・同感です。
でも食べられる時に食べておかないと。
いつまた「一体何なら食べるの~?」という状態に戻るかもしれないから。
食欲がわきあがる時期と、偏食の厳しい時が交互に訪れます。
たまにこういう、「よく食べる時期」があって、少し太ってそれから背が伸びます。
それでも双子の娘と並ぶと、知らない人には「年子?双子?」
と言われるくらい背が追いつきません。
まだ赤ちゃん体型・・・。




人気blogランキングへ参加中です。よろしければ一日一度クリックお願いいたします
f0025201_22153464.gif  
by keikototyuyo | 2006-03-06 23:20 | 偏食 | Comments(0)

こだわりの波

最近息子のこだわりが少し和らいでいます。
こだわりは消えるわけはないのはもちろん承知ですが、
「波」があるようです。

まず、偏食。
ちょっと前まで、ふりかけ、ゴマ、のり、わかめ、などご飯の脇役にしか興味がなく、
こんなんで栄養失調にならないかなーと心配してたんですが、
(まぁ大好きなビスケットと野菜ジュースだけはいつでもOKなんですが)
この一週間くらい、ハンバーグ(お?)、目玉焼き(お!)ぎょーざ(おお!)などを自分から
手を出すことがあります。
たんぱく質摂取成功!です。

それと一日中私にまとわりついたり、姿が見えないと泣いて探し回っていたのが、この一週間くらい、ちょっと距離感を感じるようになりました。
距離感といっても、「べったり」が「ふつう」になったという感じでしょうか。
この一年間、私が一人で外出することは皆無で、出かける時はいつもコブつきか、主人がいるときも、主人に預けていくことはできないので主人もコブ?でした。
もちろん主人がいてくれたほうが、いろんなところに行けますが。
じゃあこの距離感を感じている機会に外出してみようということになって、
今日2時間ほど出てみました。
「べったり」の時はいつも私を監視(?)していて、
外の二新聞受けに新聞を取りにいくだけで、玄関で号泣でした。
今日は家を出てしばらく玄関の外で耳を澄ましていても泣き声は聞こえず。
「これはイケル」
と思いました。

一人で外を歩くのは一年ぶりです。
タイムリミットは2時間。自然と急ぎ足に。
ところが、足が上がらない。
自分の足じゃないようなんです。
毎日散歩はしてるけど、娘を歩かせ息子をバギーにのせて牛歩していたので、
「早く歩く」ことを全くしてなかったからに間違いありません。
こりゃいかんです。

そんな発見をしつつ、電車に乗りデパートに行って、自分のものを買い、ス○バでコーヒーを飲んで、みんなの昼食を買って、重い荷物をうんしょうんしょ抱えて帰ってきました。
家に帰ってきたときの息子の様子は・・・
ただいまーと手を広げるとなんとわざと主人のほうへ抱っこに行きました。
「え?大丈夫なの?それで?」
と思う方もいるでしょうが、
私は
「ばんざーい!」
です。
自分で言うのもなんですが、もう息子と私の間にはしっかりとした「絆」のようなものが
あると思っています。
私以外の人を頼りにしていくことはこの先大切だし、
そんな姿を見るのはさみしくもあり、頼もしくもありなんです。

ちなみに娘は抱っこして甘えてきました。
自閉症児は極端です。
中間はないのかしら?
やはりちょっとさみしいのが本音です・・・。




人気blogランキングへ参加中です。よろしければ一日一度クリックお願いいたします
f0025201_22153464.gif  
by keikototyuyo | 2006-03-04 23:19 | 偏食 | Comments(0)