カテゴリ:外出・余暇( 98 )

ツヨぽんのボーリング

行ってきました、ボーリング。

まず、早歩きだけれど走らずに落ち着いて駅までGo。
「走らないで歩くよ。」
と伝えれば、最近理由なく走り出すこともなく
朝のスクールバス乗り場までも手をつながないで歩くので
駅までも手をつながず歩いてみました。
結構人が行きかうこの道を別々に歩いたのは初めて。
信号を渡るところだけ手をつなぎます。

前を歩かせると、嬉しくてたまーに両手両足を縄跳びみたいにして
ピョンピョンと跳ねるけれど、まぁまぁ自然な感じ。

切符売り場は手帳を使っての窓口対応。少し時間がかかったのに
「あっ。あっ。(早く乗ろう。)」
と言いつつもちゃんと待てました。
昔はこれが待てなくてね・・・
気が焦っていた状態が今は少し落ち着いたんだと比較できます。

モノレールでは窓の外をきょろきょろ。
流れる景色を楽しんでいました。
昔は座るイスの場所にもこだわったけれど、今回は大丈夫。

さーてボーリングへ。
予約していってよかった。満員でした。
恐るべしボーリング人気。

靴を借りてボールを選んで、さてスタート!
何回かデイや遠足でやったことがあるので
何だかわからないけれど順番にやって、
2回続けてやる、という何となくの間合いは分かっているので
「いいよ。」
と言うと投球します。
「座って。」
と言わないとずっとゆらゆら立っているので
何だか私がずっと一人で指示する人みたいになっていたけれど
うん。まぁしょうがない。あはは~・・・

ボールを運ぶときは指を三本ちゃんと入れます。(笑)
f0025201_22055696.jpg
そしてめちゃめちゃ上手そうなそぶりで持って行って
投球台に。
f0025201_22070631.jpg
ここが泣けるけどしょうがない。
いいんだ。いいんだ。

f0025201_22151049.jpg
ぱっと離す。

喜んでいます。

f0025201_22074237.jpg

f0025201_22080170.jpg
跳ぶ。

隣のレーンに毎回少しはみ出すのでハラハラ。
私が会釈したり引き戻したりすると
両隣の人たちがさりげなくそっとしておいてくれました。
平日から来る人は常連さんなのでしょうね。
いろいろ慣れている感じでした。

1ゲームの最終投球。私が疲れたので
「あと一回でおしまいね。」
と言うと
例のハッとした無垢な目で見つめてくるので
「もっとやる?」
と聞くと首を縦に振りました。

むむ。じゃあ頑張るか、と、もう1ゲームやって終了。
片付けも落ち着いてできて、私のトイレもちゃんと座って待っていました。
異性だと実はこれができると、とても助かります。
急いで出てくると
「いない!」
みたいなことが昔はあったので・・・
そんなに遠くへは行かないで
その辺でピョンピョンしてたりですが。
今回はちゃんとイスに座っていたので感心感心。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写

by keikototyuyo | 2017-06-04 22:32 | 外出・余暇 | Comments(2)

ボーリングへGO

明日は児童デイをキャンセルして
ボーリングに行くことにしました。

午前中の一番端っこのレーンを予約し、
プレイが終わったらお昼を食べさせて帰ってきます。
ツヨにとってお昼ご飯もお楽しみの一つ。

モノレールに乗せるの久しぶりだな。
喜ぶかな。
駅三個だからあっという間に着いちゃうけれど。

気をつけていってきます。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写


f0025201_14444782.jpg



by keikototyuyo | 2017-06-01 14:42 | 外出・余暇 | Comments(4)

ぼく ボーリング やりたい 

ツヨがボーリングに行きたいと言い出しました。
言い出すといってもしゃべれないので
投球台から転がすポーズをやって見せるのです。
こう、ばんざーい!みたいなポーズ。

ある日テレビをつけたらボーリングをしているシーンで
目がキラリと光り、その数日後
「あっ。あっ。」
と何か訴えてきて
例のポーズを披露しました。
あまりにかわいくて
「いいよ。行こうか。」
と言ってしまった。

今までに5回ほどやったことがあります。
ガーターなしで投球台を使ってですが。

靴を借りたりお金を払ったりしている間も
気が焦って5倍速で落ち着かないんだろうな。

投球台のセットも補助が必要だし
私はずっと動き回ることになる。
ダイエットにいいか。
モノレールに乗せるのも久しぶりでどきどきだし。

まさかのコトが
「あたしも行こうかな。」
なんて言うので
学校が開港記念日で二人ともお休みだったら一緒に行ってもらおう。
大人(?)が二人いるとお世話が少し楽なので。

ツヨはボーリングの何が楽しいって
ピンがバラバラバラと倒れる様と
倒れたピンがガーッとお掃除されていく様を見るのが好き。

ぴょんぴょん跳びあがって大喜び。

行ってみますかぁ・・・


f0025201_21420734.jpg


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写









by keikototyuyo | 2017-05-31 00:12 | 外出・余暇 | Comments(2)

また、スーパーで買い物ができた!

今日はツヨとスーパーに行ってみました。
3年ぶりくらいかも。
そんなに行っていなかったとはビックリですよね。

場所を行ったり来たりする行動が止まらなくなってしまい
外出ができない状態から
スクールバス乗り場や近くのコンビニや
児童デイのようなところしか行く勇気がなくて
すっかりお出かけから遠ざかっていました。

学校は毎日行けているし
パパと日帰りのお風呂に出かけたりはしています。

スーパー行ってみるか・・・

ドキドキでした。

ツヨのほうからスーパーのチラシの小さい写真と
マッ〇のてりやきバーガーの写真カードを使って要求してきたのです。

「走らない。」
「順番をまつ。」
「ワーワー言ったらおうちに帰る。」
「一番 ハンバーガー、二番 お買い物。」(写真カードで)
「わかった?」
呪文のように車のなかで繰り返しながらスーパーへ。

駐車場に着くと、小声でひーひー言って気が焦ってはいるけれど
走ってはいない。
エレベーターへ直行。
ハンバーガー屋さんまでも手をつないで走らないで歩けた。
12時近かったけれど席をなんとかゲット。
ツヨも売り場へ行く前の席取りに協力的な態度です。
お。これは校外学習などの集団行動の効果?

マッ〇のカウンターでも順番を待てる。
上半身がすごく左右に揺れているけど・・・(笑)
「じっとしてみよう。」
とそっと揺れを手で押さえると一応治まる。

焦ってはいるけれど
自分の買ったものがトレイにセットされるまで
そわそわ待っている。
「トレイを二個にしてください。」
と頼んだので自分の分を持って席へ。
手も洗い、落ち着いて食べることができました。
超早食いだけど。

私も急いで食べる。
昔は自分が食べ終わったら
よく走っていってしまった。

それで私も早食いになったんだっけ。
いつもいつも大慌てで早食いしないと
見失うことになるので必死だったなぁ。
今日はどうかな。

はい。ちゃんと私が食べ終わるまで待てました。

さあ
そしてお買い物。

三年前のように
カートを押してくれて
f0025201_00281518.jpg
野菜をカゴに入れてくれたり、
会計を待ったり
袋詰めをして車に運ぶまで
しっかり働いてくれました。
写真とっていい?と聞くと
条件反射でVサイン。
f0025201_00275786.jpg
落ち着いた!
小5の頃に戻れたのかな。
まだ不安はあるし
薬を飲んでいるからかもしれないけれど
夢にみた我が家なりの普通の生活。

50音表を私が手に持って
食べたい果物などを確認しながらの買い物。

急に取りつかれたように走らないし。

しあわせ。

こんな普通の人には当たり前の生活が
とってもハードルが高かった。

よかったね。ツヨ。

そうだ。
この近くに皮膚科があるんだな。
手首の自傷の噛みだこを診てほしい。
今度予約してみようか。

車に荷物を積んで
「お買い物、じょうず!」
って褒めて
二人でハイタッチしました。
ほめられて満足そうでした。

ほっとして運転席でしばし携帯をチェックしていると
ほどなく

「あっ。」

の声。

ん?と後部座席を振り返ると
こぶしを作って上にあげる
『出発進行!』
のポーズをして真剣な目で見つめていました。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写



by keikototyuyo | 2017-04-16 00:43 | 外出・余暇 | Comments(2)

ショートステイを機にやめてみたこと

つづきです。

二泊のショートステイを機に
ここ数年続けざるを得なかったことをやめることにしてみました。

それはひたすら何時間でも続けるiPadの高速スクロールです。

6年ほど前iPadを買って使い始めたとき、ツヨは動画を観たり、
簡単なゲームをしたり、
トーキングエイドのアプリを使うことを楽しんでいました。
パソコンのマウスを使うより、iPadの操作はとても簡単で
余暇として活用することができていました。
キーボード操作はできないので検索することはできませんが。

ところがいつのころからか
(ちょうどこだわりが強迫的になってきた頃か)
右へ左へスクロールして
アイコンと呼ばれる画面上にたくさん並ぶ小さな四角い絵のマークが
流れていくのを興奮しながら食い入るように見る
という動作にハマってしまいました。

結果、動画を観たり、トーキングエイドを使うことが
すっかりできなくなってしまいました。
すごい速さでずっとスクロールし続けるのです。
顔を画面に10㎝くらいに近づけて。
一時間でも一日中でも。

生活の一連の動作の中にそれは組み込まれていて、
朝の儀式をした後、学校から帰って一通りのことをした後、
夕食後、入浴後と続き、
ベッドに行くときに充電コードにさして自分から終了します。

問題は目に悪いこと、指が少し変形してきたこと、
流れる画像を見続けることが何か興奮剤のようなものに
なっているのではないかということ。
余計に気持ちを興奮させているのではないかと。

できることならやめさせてみようか。
実は本当は当人も飽き飽きしているのはないか。

当初は
「必ずやらなければ気が済まないもの」
でした。それが二年経っていつのまにか
「あるからやっているだけで、なければやらないという程度のもの」
に変化しているのはないだろうか。

二泊三日は時間的にも環境的にもそこそこ家の習慣から離れているので
切り替えのチャンス。
思い切って隠すことにしました。

以前なら、引き出しをあちこち開けてヒーヒー言って
50音表で「あいはと」
と何回も何回も要求してきました。
執着していたのです。



今回はというと・・・
ショートから帰ってしばらく探したり、以前よく私が隠した棚を開けたり、
50音表で「あいはと」と要求してきました。
「ないよ。」
とほがらかにしれっと言うと
『え?』
というきょとんとした顔で何秒か見つめ合ってしまいました。

『・・・』
見つめ合うこと数秒。

そして
『どうもないらしい。』
と立ち去るツヨ。

何分かしてまた50音表へ。
ツヨ「あ・い・は・と」 (少し発語できます)
私「ないよ。バイバイ。」
ツヨ『どうもないらしい。あっそう。』

そんなやりとりを数回繰り返し、
3日目にはまったく要求してきませんでした。

注意深く様子を見ていると、イライラしたり手持無沙汰な様子はありません。

スクロールしていた時間は、その時も同じようにつけていた
Eテレを観て、踊ったり眺めたり、ソファーに寝転んだり、
私のところに甘えにきたり、くつろいで過ごせています。

何かから解放されたツヨに
当たり前の余暇が戻ってきたのかもしれません。

以前DSを与えたときも狂ったようにハマってしまったことがありました。
 
この子にはそういう傾向があるのかもしれません。

この先も電子機器を与えることはないと思います。
刺激が強すぎるのかもしれませんね。
画期的なコミュニケーションアプリでも開発されれば
使うかもしれませんが、
紙をラミネートした50音表で今のところ十分です。

健常児だって大人だってそうですが、
ゲームやアプリ、そしてゲーム機やケータイやiPadそのものに
人はどうしてもハマってしまう性質を持っているのではないか?
電子機器とはあえてそういうふうに作られているのでは?
と思ったりします。

自分でうまくコントロールできればいいのですが、
こういう子たちには刺激の強いものは時に与え方を考えて、
人生の大切な時間がどんどんこぼれ落ちていかないように
気をつけなければと思います。
親は楽かもしれませんが。
またそういう刺激に頼らなければやり過ごせない時も
どうしてもあると思います。

ツヨはショートに行くときにiPadを持っていかないことで
スタッフさんとお散歩に行ったり
ホットケーキを作ったり
過ごし方に彩りが戻ってきました。

誰かと何かをすること
いろいろな音楽を聴いたり本を読んだり
からだを動かすこと
外に出て景色を観たりすること
新しいものに出会うこと
そういうことを家族で大事にしていきたいなと
そんな風に思いました。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写

f0025201_22033326.jpg










by keikototyuyo | 2017-03-31 14:06 | 外出・余暇 | Comments(6)

僕のピザ

ショートステイ二泊から帰ってきて
ツヨは落ち着いています。

ショート一泊目は、昼間ドミノピザで自分で作ったピザを夕食に。

ショートのスタッフさんが写真を撮っておいてくれました!
いい記念です。

f0025201_23085800.jpg


トッピング、てんこ盛り。

ズシリと重かったそう。

ペロリと食べたのでしょうね~・・・

小学校の宿泊で生地からピザを作っているので
『あれか。』
と思ったでしょうか。
楽しく作れたかな。

翌日は一日ショートで過ごしたので
近くのスーパーにお買い物に連れていってもらい、
ホットケーキミックスと
バナナとアイスを買ってきて
ホットケーキを焼いて食べたそうです。

でもバナナとアイスへの思い入れが強すぎて
ホットケーキを焼く前に
食べてしまったとのこと。

ホットケーキにトッピングしたらいいよね~
とスタッフさんは思っていたとしたら、
あらら!とびっくりしたでしょうね。

これ!というこだわりには絶対妥協はしないので
あ、そうきたのね
とこちらがあきらめるしかないことも
たくさんあります。

それでも落ち着いて買い物ができたり
場所を行ったり来たりする繰り返し動作の
こだわりが今のところ和らいで
それなりに穏やかに生活できているのが何よりです。

こだわりは少しずつ形を変えていくようです。
ずっとこのままの感じでいかれますように。

最近とても穏やかです。
今日は夕方、げらげらっと笑いだしました。
ツヨはとても楽しそうに笑います。
Eテレをつけていたので何か面白かったのか
ただ気分がよかったのか
思い出し笑いか。

そうそう。
この二泊を機に一つ変化を加えてみたことがあります。

この数年間ずっと続けざるを得なかったことを
やめることにチャレンジしました。

長くなりますので、その話はまた・・・。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写





by keikototyuyo | 2017-03-29 23:11 | 外出・余暇 | Comments(5)

ピザ作り体験とショート二泊


今日からツヨは二泊でショートステイ。
今日は夜まで私の用事があるためと
明日は少し遠方での親戚の披露宴のため。

いつも泊まるところだし、
二泊も何回かしたことがあるので
大丈夫でしょうが、
心配性なのでどうしてもどきどきしてしまいます。

本人はルンルンで出かけていきました。

しかも今日はドミノピザの手作りピザ体験に
児童デイが連れて行ってくれるイベント。

ピザ大大好きツヨ。
興奮するかな。

トッピングのせ放題なので
食べ過ぎだけが心配・・・


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ




禁複写

f0025201_23495098.jpg




by keikototyuyo | 2017-03-25 11:51 | 外出・余暇 | Comments(2)

走る楽しさ

ツヨに
「走らないで。」
と何回か伝えました。

心がウキウキしちゃうと走りたくなるようで、
笑顔で走るんです。
走らせてやりたいけれど、
ちょうど学校の体育で持久走が始まったので
そこで思いっきり走ってもらうことにしましょう。

この間、バス停までダッシュしたときは
一応信号でとまったので
追いついて
「走ったらだめ。
ここ(足のふとももをポンポンして)だめよ。ゆっくり」
足をゆっくり動かす動作をやってみせました。
ニヤッと笑っていました。
たぶん分かったかな。
やれやれ。

私の手をふりほどいて走るような悪いことはしません。
手を放すと
無意識にスイッチが入っちゃう感じ。

本当にいろいろ不思議です。
慣れたけれど慣れない・・・(笑)

体力があまっているのでしょうね。

f0025201_23144567.jpg


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写





by keikototyuyo | 2017-02-20 23:11 | 外出・余暇 | Comments(4)

走ったら本当に追いつけない

最近のツヨは元気すぎるくらいです。
落ち着かないともいえます。

スクールバス乗り場へ行くときや
新聞を取りに行くとき
児童デイのお迎えの車まで玄関からほんの10メートルを

急にダーッと走り出すことがあります。
ダッシュです。

車や人にぶつからないように気をつけないと。

私が追いかけても
追いつくわけがありません。

中二。
背格好はだいたい一緒なのに
筋力と体力、瞬発力がいつの間にかすっかり追い越されて
小さかったツヨからは信じられない力強さ。

正直怖いです。
ここ数年は走り出すことはなかったので。
もう全力で勝手に走ることはないかもと
たかをくくっていたのかもしれません。

手をつないで歩かないとだめなんだ。

最近ツヨが外出先でいなくなるという
怖い夢をよく見ます。
ツヨー!
と叫んで起きる。

現実ではほとんど外には出かけないので
大丈夫です。
もう連れて行く自信もないので・・・

・・・がんばります。

ちょっと暗くてごめんなさい~。

f0025201_01064262.jpg

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写

by keikototyuyo | 2017-02-18 16:41 | 外出・余暇 | Comments(4)

目が離せない子の親の宿命

今日は学校が休業日なので児童デイに行くことにしました。

いつものようにコトにはお弁当を作って送り出す。
いつもならここで私とツヨもスクールバス乗り場へGO。

今日は行かなくていいんだ~。
児童デイはほぼ玄関先まで迎えにきてくれる。

危なくて一人で外を歩くことができないツヨ。
重い障害を持った子の親は、一緒に住んでいる限り
送迎という仕事から一生解放されることはありません。

一人で玄関から出かけて行って、
徒歩や電車やバスに乗ってお出かけできることが
どんなに素敵なことか。

知的に障害のない発達障害の人の中には
地図が読めなかったり、乗り換えが難しかったり、
荷物を忘れて降りてしまったり、人に道を尋ねたりできなくて
ご苦労される方もいるかもしれませんが。

でも時間がかかってもなんでも一人で問題を解決して
危険を回避して安全に帰宅できる能力は
自立した社会人になるための宝だなと思います。

ツヨはと言うと・・・

毎日歩く歩道のラインまで決まっているので、
前から人が来るとぶつかります。
駐車場の車のすぐ横や生垣のぎりぎりを歩くので声掛けをしないと
かすりそうになります。
決まったマンホールの真上を必ず踏んで通過しないと気がすみません。
信号機が理解できません。
車が止まると渡っていいと思っているようです。
渋滞で片側だけ止まったりしても渡り始めます。
気分がはやると急に走り出します。
待って!と叫んでも止まりません。
エレベーターが混んでいても定位置に立とうとしてしまいます。

でも私が続いて玄関を出るとき、
ドアを押さえておいてくれるようにはなりました。(笑)
玄関以外はいまだに挟まれています・・・

話を戻して
今日は10時に児童デイがお迎えにくる。
昨日眠れなかったので少し横になろうと思い、
ツヨにテレビをつけて
「見ててね。」
というと
「ん。」
とこっくり。
家族は無事出かけたし、ツヨはここにいる。
安心。安心。

すると
こわーい夢を見ました。
ツヨと二人で出かけて、ツヨ一人でどこかに走っていってしまう夢。
ああ、もうだめだ・・・
と思ったところで目が覚めました。
見るとご機嫌なツヨがさっきと同じところに座っていました。
家の中の定位置では果てしなく座っていられます。
ああ怖かった。

安心安心って思って横になったのに、
深層心理は全然安心していないのですね。

これは一生続く。
私の運命です。

でも私だけじゃない。
ほかにも頑張っている人がいるはず。

福祉サービスをうまく利用してツヨの安全もはかりつつ
気持ちを切り替えて自分の人生も充実させていこう。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写


by keikototyuyo | 2017-01-31 13:02 | 外出・余暇 | Comments(2)