カテゴリ:泣き言( 22 )

このまま時がとまってしまえば

ああツヨぽんは幸せかな

いつまで一緒にいられるのかな

このまま時がとまってしまえばいいのにな



だめだめ

今までも
今も
学校の先生たちはみんな

この子たちを少しでもいいように
育てようとしてくれているのだから

親がそんな弱気じゃだめだ




でもあと10年くらいしたら

本当に時がとまってしまえばいいのにな

私がね
ずっと一緒にいてあげられればいいんだけど



そんな風に思うときもある



10年後に

「楽しかったね」

「幸せだったね」

って言えるように

「10年前にこんなこと言っているわ
弱かったわねぇ」

って言えるようにしよう



f0025201_23465984.jpg



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写

by keikototyuyo | 2017-03-13 23:52 | 泣き言 | Comments(6)

首のスジ痛めやっちゃった

先週、毎日2~3時間ほどパソコンに向かって、
3日続けてガーッと集中してちょっとした文書を作っていたところ

ある朝起きたら首が動かなくなっていました・・・

腕の付け根から肩、首が鉄板化。

パソコンに向かうには一気にやろうとしてはいけない
ということを改めて認識。(~_~;)

書き始めるとつい止まらなくなってしまう癖が〜

いつもえらい時間が経っていて、ずっと同じ体勢なことに気づく始末。

しかし
今回の鉄板化は長引いた・・・

やっと上を向けるくらいになったのでパソコン再開。

先日、自閉症協会のローファンクションの会に行った話や
教育委員会の進路相談の話、
そこで受けた発達検査のこと
以前のマッ〇での職場体験のことなど
いろいろ少しずつ書いていきますね。

肩を回しながら。ヽ(´o`;





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援ありがとうです~

にほんブログ村 子育てブログへ











by keikototyuyo | 2014-07-21 18:19 | 泣き言 | Comments(2)

また暴れる

成長するということは
世界が見えてくるということ。


幼児期の
『どうしてせかいはこうなの?ぼくにはよくわかんない!』

というかんしゃくだらけだった時を
どうにかこうにかやり過ごし、

ルールをお互い作ったり、
スケジュールを見せたりして
『お、これはわかりやすいぞ』
と、とりあえず納得していたかに見えたツヨだけど、

多少の認知の発達と
成長ホルモンからくるイライラとで
自分を抑えきれない「暴れ」がまた始まりました。



「自分」
「身近な周りの人との力関係」
「楽しいこと」
「いやなこと、やりたくないこと」

が見えてきたツヨ。
その視野は狭いのでしょうが、これらを「自我」というのか。

特に土日になると
『ゆうえんちにいきたい!』
『おんせんにいきたい!』
『はこねにいきたい!』
『りょこうにいきたい!』

わーっ
と暴れて叫ぶようになりました。
iPadの写真を指差して要求できるようになったことが大きいです。
もちろん要求ツールがあったほうが伝わらないストレスよりはいいけれど。

激しく叩いてこようとします。
それしか彼にはできないから。

また今度ね。

と答えても、暴れるのはいけないこと、とはっきり叱っても、
何回も何回も何回も
要求・確認を繰り返します。

旅行も箱根も毎週は行かれないので、
パパは毎週のように近所の日帰り温泉へ連れていき、
天気が良ければ遊園地にも行き。
(おかげで二人で電車に乗って出かけることに
だいぶ慣れてきました。)


やりたいことをやりたいと言うのは
人として当然の成り行きだよね

とは思うけれど

暴れたときの力の強さは

すでに私には恐怖です。

これを乗り越えると
また一段と落ち着くような気はしますが、
一歩間違うと大変な気もします。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも読んでいただいて本当にありがとう
by keikototyuyo | 2014-02-18 17:26 | 泣き言 | Comments(8)

お風呂場での惨事

久々にパソコンを開いた・・・

ツヨのインフルエンザに続き、
コトが胃腸炎。
まぁ、吐いたこと吐いたこと。

水分が取れなくて、夜中に怖くなって救急へ連れて行き、
点滴してもらってきました。

無敵のコトも胃腸炎には勝てなかった。

でもすごーくがんばっていたので
見直しました。

今日はツヨが学校から帰ってきたら
今度は下痢・・・

どっちもどっちだぁ・・・・

でも水分が取れるだけいいか。

どちらにしても
洗濯機を昨日今日で何回回したか~

しかも今日は恐る恐るツヨをおふろへ入れたら・・・・

湯船に浸かりながら
この流れ、コワイコワイ。
お食事中の方はご遠慮ください



う〇ちは×よ。トイレでね。

唱えて入っていたら・・・

ん。とうなづくツヨ。



次の瞬間ツヨの眉間にシワがっ!




ゴボウッ



・・・って?!

ぎゃー!


すぐにツヨと飛び出て
栓を抜いた私でした・・・

あっすみません。


ちなみに夕方、
コトの習い事にお休みの電話をして
「娘ですが、胃腸炎になったので今日はお休みします。」

と言って電話を切ったら、


コトいわく

「ママ!私が一兆円になったってどういうこと?!♪」

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援、励みになりまーす^^;
 f0025201_22153464.gif
by keikototyuyo | 2013-02-27 23:37 | 泣き言 | Comments(0)

この背中の赤い発疹は・・・

さっきふと背中がいたいなぁと
思って鏡で見てみると・・・

なにっ?
この赤い発疹・・
 ヒイィ~

おとといなんかあるなと思って見たときより
増えてる・・・

二個ずつてんてん、てんてん、てんてんてん・・・あつまれ~みたいな。

帯状疱疹・・・
って確かこんなようなんじゃなかったっけ?

皮膚科にGo!

あぁ、これね~。
と医者。

ほぼ間違いなく帯状疱疹ですが、
水泡がまだできていないので
明日もう一度診せてください。

と一日分だけ薬をくれました。

いやーん。

疲れると、なるんですよって。

誰か疲れない方法を教えて。

 f0025201_22153464.gifううう、応援ありがとうございますにほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2012-08-17 21:41 | 泣き言 | Comments(6)

また暴れる

また暴れています。
一日1〜2回。
怒って叫んでぐわっと抱きついて、
抱きついたまま、のたうち回り、
ダッと走って破れかぶれにどこかに突入…。

危なすぎる…

家のエントランスの一階の道路脇で暴れて、
抑えようとトレーナーを掴んだら、
(腕だと折れてしまいそうなので)
すっぽりと上半身ぬげてしまって上半身はだかに。Σ(゚д゚lll)

ギャーギャー叫ぶ30キロの裸ん坊を
抱っこで何とか帰ってきました。_| ̄|○
家に入るとコトが一言。
「ツヨの叫び声、ここまで聞こえてた…」
あぁ多感な娘よ、すまないね。

窓を締め切っている7階までか…

一階や、抱っこで走り抜けてきた廊下のお宅は
さぞやびっくりしたでしょう。

さ来週末、住民集会で
災害時要支援者として皆さんにお話する機会を
もらっているんだった。
何とか誘導して連れていかないと。

要支援というには
あまりに元気すぎる…_| ̄|○

災害時のほうが
何かを察して
お利口だったりする 。(^_^;)


この日常のかんしゃくをどうにかしないと。(~_~;)

今まで怒らなかったようなことで、
突然火がついたように怒る。

薬も再開しています。

普段は大体落ち着いていて、
勉強も運動も集団生活も
まあまあできている。

成長…

といえば成長。

しかし危ないし迷惑…

そして疲れた…

ツヨを嫌いになりたくない…

家族も周りの人も
みんなそう思っているんだよ〜…


応援クリックありがとうです~(~_~;)苦悩中➡

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2012-04-30 20:55 | 泣き言 | Comments(20)

どうしてこれがウチなんだろう

今日は学校から帰ってからずっと不調。
叫んで怒って泣いて
笑い出してまた怒って。

1時間半ぐらいその繰返し。
あまりの不協和音的な叫びに
私は耳栓をしてイヤーマフをつけて
黙々と家事。

怒っている理由は聞いても答えられないので
まったく分らない。
理由がなんであっても
もうこうなると関係ないし・・・

ぐったり・・・

そばにいるといいことないので
コトの部屋を掃除していたら
ツヨが真剣な顔でダダッと走ってきて
私に電話の受話器を渡してきた。

おお。
最近電話の意味が少しわかったようで
鳴っているとじっと見ていたります。

私が耳栓をしているうちに
電話が鳴って
受話器をとったのでしょう。
オレ泣いているけど
電話が鳴っているからこのままにしていてはいけない。

私に渡した時はもう切れていて
ツヨが取って耳にまであてたかどうかは分りません。
この自閉君がそんなことはしないと思うけれど。

しかし誰だったんだろう。

携帯を見ると
着信がいっぱい。
コトのお友だちのお母さんからでした。
ツヨのことは知っています。

すぐに折り返し携帯からかけると
「コトちゃんうちで遊んでいて鍵を忘れていったので
近くまできています~。」

コトはそのままわが家のすぐそばの習い事へ行ったようで
習い事の場所はどこですか~みたいな内容でした。

しかしツヨは私が電話で話しているのが大嫌いで、
「ギャーーー!!!」
と一発。

「あっ!すみません!」(私)
「あっ!ごめんなさい!」(先方)

電話は切れ
あとは電波が悪くてつながらず。

ツヨをおいて私がお詫びに走っていくこともできない。

数分後にコト帰宅。

お友だちのお母さんには無事に会えて
届けてもらったお礼もできたということでした。

数分後に
「何回もお電話しちゃってごめんなさい。」
みたいなメールが来て
申し訳なさとありがたさを感じ、
そして「みじめさ」みたいな風がふっと吹いていきました。

これがわが家なんだ。

ああ、もう今日の日よ
早く終わってください。

とにかく眠れば新しい日がくる。

明日はマラソン大会。

とにかく行くのだ。
f0025201_224566.jpg


 応援のクリック励みになります・・・→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2011-12-09 22:22 | 泣き言 | Comments(6)

電池がない

今日から停電ということでスーパー、コンビニのすべての電池、
懐中電灯が売り切れています。
日用品も食料品も売り切れ状態。

今日は何件もガソリンスタンドに並びましたが、
結局給油できず、
明日から登校はできません。

テレビをつければ被災した皆さんの様子が・・・。
ご家族の無事をお祈りしております。

慌てずに落ち着いて、
生活したいです。
 よろしかったら応援のクリックをお願いします。→

f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2011-03-14 11:16 | 泣き言 | Comments(6)

普通の小学校がツライ(コトの参観日)

先日コトの授業参観で地元の小学校へ。
まぁ、元気な子供たち。
その日は体調も優れなかったこともあって、
立って見ているだけでも気持ちが落ち着きませんでした。

そのうち男の子たちの後姿がフッとツヨに見えてきました。(やばい)
どうしてここにツヨだけいないの?(始まった)
同い年なのに、小さいころから一緒に育ってきたのに。
自閉症じゃなかったら(ついに妄想まで)
先生のほうをしっかり向いてお話聞けていただろうに。
勉強もお友達も・・・

もうだめでした。
涙がどどーっと出てしまい、
逃げるように帰ってきました。

双子はつらいのかもしれません。
ずっと同じ学年を見続けないといけない。
私がグッと成長するか、何かしらの境地に達するかしない限り、
つらいかも。

「副学籍」。

ふと頭に浮かびました。

注:わが市の場合、副学籍とは・・・特別支援学校の生徒が地元の小・中学校で交流や学習を行い、
支援学校の生徒は「地域で生活できる自信と力」をつけ、
地域の生徒は障害児に対する理解を深めること(概要です)

このまぶしいほどの小学校にツヨの居場所ができればいいのかも。
ありのままの彼を、みんなにも知ってほしい。
もう一人いるんだよって。

特別支援学校に入る前は、すぐにコトの学校にも副学籍しようと思っていたけれど、
その後、ツヨにとってどうなんだろう、
混乱するだけかな、と思い直し、先送りにしました。

最初はクラスにも入らないかもしれない。
給食は偏食だし、音楽も耳ふさぎだろうし、
体育はビビリそうだし、
参加できるものがない!

でもうまくいくことが目的じゃない。
ツヨも小学校は嫌いじゃない。
コトの学童のお迎えのとき、
ダーッと走っちゃうけど、ふと立ち止まってこども達を眺める。
何を思っているのかニコニコと。

そんな感じで自然体で
チャレンジしちゃおうかな。

コトの幼稚園も、ツヨが入園する前は、
男の子の園児を見て、無性につらいこともあった私だけど、
ツヨをエイッと入園させて(準備はたーくさんしましたが)、
思い出が宝物のようです。

後ろ向きは私らしくないかも。
ちょうどコトの担任の先生も、
よかったらどうぞと言ってくれていたんだった。
今のうちならコトも大丈夫でしょう。

どこかで中古のランドセル買って、
しょわせようかな、なーんて。
コトと並んで登校したら・・・
そんなことを想像したら、
またどどーっと涙が出てきました。(これは勝手に想像してぐっときた感動の涙)
 よろしかったら応援のクリックをお願いします!
f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 
by keikototyuyo | 2010-09-15 22:10 | 泣き言 | Comments(14)

双子ゆえに思うこと

新学期が始まり一週間。
みんな元気に学校に通っています。
ゆっくりですが、子供たちは成長しています。
コトは、学校から帰るとお友だちと外に遊びにいくようになりました。

マンションの構内で遊ぶ約束だけど、
初めはやはりすごく心配しました。
キックスケーターと腕時計を買ってやり、
4時に帰ってきてね、と約束すると、
だいたいその時間にひょっこり帰ってきます。
(帰ってこなかったらタイヘンです)

外では片時も目が離せないツヨに比べると、
一人で出て帰ってくるコトに、ある種の感動を覚えます。

でも離れていても、子供とはいつも心の中でつながっているものですね。
学校に行くのとは違って、遊びにいくのは帰ってくるまでかなり心配です。
ずっとそばにいるツヨより、ある意味心配です。
みんなそうやって外の世界に出て行くのでしょうが・・・。

ツヨは・・・退屈そう。
放課後、お友だちと過ごすという
宝物のような時間を持てない。
さしたる趣味も勉強もない。
せめて字が読めるようになれば、
世界も広がるでしょうに。
いまだにしまじろうのぷち(2歳用)を好んで見て、
時を過ごしています。

ふとツヨを見ると、
コトに買ってやった腕時計をいたずらしています。
いや、いたずらではない。
左手につけようとしているのです。
大人がやるみたいに、ももに押し付けて右手だけで。
コトでもできません。

誰に教わるでもなく、コトのつけているのを見て、
つけ方が分かっているのです。
まだベルトが固いので、うまくハリが入らないけど、
ちょっと私が押さえてやったら、はめられました。
しばらく、手につけて眺めると、
今度は自分ではずしていました。

ああ、言葉が分からないだけなんだ。
言葉と関係ない世界のことは、
この子はよく分かっている。
賢い子なのに(親ばかです)、どんなに不自由な思いをしているだろう。

毎日楽しめているだろうか。
コトとどうしても比べてしまうだけに、
最近のツヨを見ると、少しせつないです。

     ↓              よろしかったら応援のクリックをお願いします! ↓
f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
by keikototyuyo | 2009-09-06 22:46 | 泣き言 | Comments(13)