カテゴリ:福祉・教育・社会( 3 )

障害者に対する社会の心理

12/7のハートネットTV(Eテレ)をご覧になったでしょうか。

~シリーズ相模原障害者施設殺傷事件
「言葉はなくとも」重度知的障害のある人たち~


序盤は、秦野にある施設での、行動障害に対する対応や園での生活の様子。
幼児から18歳までの子どもさんたち。
こどもの達の様子は本当に見るのがつらかったです。
気持ちを分かってもらえなくて自傷・他害をするしかない子たち・・・
なんとかコミュニケーションの手段を獲得できないものだろうか。
その重要性を改めて強く感じました。


中盤は、最重度知的障害があり、かつて若い時は自傷や激しい行動がひどく、
非常に苦労をされた親御さんのお話。
ご本人は今51歳で、70代の親御さんと一緒に住んでいます。
あの頃が嘘のよう、と穏やかな目をされて51歳の息子さんを愛おしそうに見る
お年を召されたご両親に、
いつか必ず出口はあるんだなぁと、考えさせられました。
その様子はまったく不幸そうではなく、本当に幸せそうに穏やかに過ごしていらして、
お子さんが生きがいにすら見えていました。


最後は、身体と知的と両方に重い障害がある、48歳の意思疎通の難しい方のこと。
親御さんはすでに亡くなられ、家を借りて24時間ヘルパーさんと暮らしています。
何を言いたいのか、何を幸せと思っているのか、
介助者が知りたい、と思うことこそが大切
というお話で、最終的に100%分かることは無理としても、
決めつけないで「尋ねていく」ことの大切さ。
選択肢をたくさんの介助者で考えて、どれが一番幸せそうにするか
何十年も観察をしたファイルがぎっしりとたまっていました。

ここからは私の感想です。
そしてたぶん番組の言いたかったことは
そこに携わる方々のスタンスの尊さ。

人の心理を大きく二つに分けるとします。

一つは、こちら側から自分と違う人たちを眺め、
違うことに違和感を抱き、恐れ、排除しようとさえする心理。

もう一つは、自分達と違っても、どんな思いでいるのか想像して歩み寄り、
少しでも分かったときの言いようのない喜びを享受できる心の持ち方。

介助や特別支援教育に関わるお仕事を選ぶ方で想像してみると、
それがそういうお仕事の醍醐味なのではないでしょうか。
行動障害に対応する職員さんは、まさにその醍醐味の「味を知ってしまった。」
と笑っていらっしゃいました。
私もツヨが本当に幸せそうに笑うと、やった!と嬉しくなります。

二つに分けた心理。
前者が相模原殺傷事件の犯人やそれに共感する人の心理なのかもしれません。
そして後者が成熟した社会の在り方。

日本はまだ後者にはなれていないけれど、少しずつ変わっていくことはできる。
変わろうとしている人たちがいる。
そういうことを番組は言いたかったのではないかと感じました。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写

by keikototyuyo | 2016-12-11 23:51 | 福祉・教育・社会 | Comments(3)

流しそうめんならぬ、魅惑の「流し〇〇〇」

夏休みの児童デイのイベントでの様子報告がきました。

その日はお庭で流しそうめんパーティ。
デイのスタッフさんがその日のために
山で切った竹で手作りで流しそうめんの装置(?)
を作ってくれたそう。

朝、子供たちがデイに到着して本格的に準備が始まったそうで、
ツヨはたくさんお手伝いをして
「とても助かりました」
と報告にありました。

以前、別のデイで流しそうめんを体験していたので
『あれか!』
と思ったのでしょうね。
やる気まんまんで準備し、
いよいよそうめんが流されると
みんなと一緒に竹の前に並んで上手にそうめんをすくって食べたそうです。
必死にすくったでしょうね。
なんたるほほえましさ・・・

そして「おかずで天ぷらが出ると目を輝かせて堪能していました。」と
書いてありました。あっ、天ぷらは流しませんよ!(当たり前)

そして最後に
「おやつも流したら、みんな大喜びでした。」
と。どうやら小袋のお菓子を竹に流したようで、
『ややや!流れてくるのは そうめんだけではないのか!』
と思ったか思わなかったか。
ふふふ
みんなおはしでキャッチしてタオルで袋をふいて
大喜びで食べたそうです。

イベント以外の日はデイのお庭の大きなビニールプールを堪能し、
真っ黒に日焼けしたツヨ。
遊び心のある児童デイに巡り合い、夏を満喫できたようです。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写


by keikototyuyo | 2016-09-17 23:58 | 福祉・教育・社会 | Comments(2)

最近のツヨ

夏休みは児童デイのビニールプールでたくさん遊ばせてもらいました。
しかし体の大きさが何歳までできるのだろう・・・
ま、いっか。高校生だろうが何だろうが。

プールが小さかろうが何だろうが、水に入ると気持ちがリラックスするようです。



さて、今日から学校。
朝、ルンルンでスクールバスでGO!

いつも通りの場所や道なら落ち着いて行くことができます。

今日からチャレンジしてみましょうと、
先生に言われていたことがあって、
15時に帰ってきて連絡帳をみるまでドキドキです。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援してくれて ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

f0025201_11551138.jpg

by keikototyuyo | 2015-08-26 11:42 | 福祉・教育・社会 | Comments(7)