カテゴリ:視覚支援・作り方・教え方( 23 )

見えないと思考が止まる

明日は校外学習で美術館に行きます。
作品鑑賞だけでなく
ワークショップもあるそうで
どんな体験をしてくるか楽しみです。

前回のJALスカイミュージアムがことのほか気に入ったらしく
あれ以来毎日のように遠足のしおりを眺めているツヨ。

今度は美術館だよ。
と言っても飛行機をきっぱり指差します。
明日は美術館と理解していても
こっちじゃないよと否定されるのがいやなのか
寝る前になって
「ぎゃー!」(こっち!)
っと叫んで家の廊下を走り出しました。
あわわ
これはだめだ。
「飛行機だね。いいよ。」
と言うと
「ん。」
とこっくりして去っていきました。

明日は明日
分かっちゃいるけど
どうしてもこだわりたいときもある。
否定しちゃいけないんだ。たぶん。

そして飛行機のしおりも美術館のしおりも
見えないとことに隠してしまいました。
すると少し引き出しを開いていたけれど
それ以上欲しがりませんでした。

あるから心が揺れる。
本当にそういうものなんだね。
隠してしまって要求ができなくなるせいで
不便でかわいそうだということより
目に入らなければ思考回路から
切り離すことができるという利益の方が大きい。
混乱をシャットアウトできる。

視覚支援の役割は支援をすることで
心を乱すものではないはず。
特に、行動を抑制するために過度に視覚支援を使うことは
視覚優位の人に対してフェアではないと思うのです。

明日の遠足の用意は自分でできています。
しおり以外・・・
きっと行先も理解している。
あとはどうでるかはツヨの気持ちなので
私たちには想像できません。

本人が美術館は行かないという選択をしたら
学校で居残りの可能性もあるし
意外とすんなり行くかもしれないし。
悪いパターン定着の不利益のことも考えないといけない。
第一に集団行動のルールもある。

あとは先生が静かにホワイトボードか口頭で
正しい行先確認等をして出発するだけ。

ぎゃーっとなりませんように。

美術館が新しい楽しい行先になりますように。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写



by keikototyuyo | 2017-04-28 00:43 | 視覚支援・作り方・教え方 | Comments(2)

言葉のない子の学習方法

言葉のない自閉症児の学習について

過去にも記事に書きましたが
ツヨの場合は次の手順で行いました。

音で聞いてわかる言葉
市販の絵カードを使い、字で理解できるようにします。
おもてがバナナの絵、裏が「ばなな」と書いたカードを使います。(公文など)

         
f0025201_22221864.jpg
f0025201_22222685.jpg


① バナナの絵を見せる
② 音を確認する   先生「ばなな。」等
③ カードを裏にひっくり返してつづりを見せる
④ カードの裏を見ながらつづりを50音表で指差させる 「ば」「な」「な」
⑤ カードのひらがなをだんだんと紙で隠す 「ば」「?」「?」等。 
⑥ 最終的におもての絵を見ただけで「ばなな」と指差せるようにする
⑦ 分からなくなったらすぐ裏の「ばなな」と書いてあるほうに戻す
⑧ できたらしっかりほめる

f0025201_22231774.jpg

50音表は家の冷蔵庫にはっています。
これを使っていつもツヨと会話をします。
f0025201_22225454.jpg


何回も何回も繰り返し同じ言葉を学習します。
知的障害があるので一朝一夕には覚えられません。

つまづいたら、簡単なよく知っている単語に戻して
自信を取り戻させストレスを軽減します。

一度の授業や家庭学習で
よく知っているもの5個
まぁまぁ知っているもの3個
覚えている最中のもの2個
くらいの割合でしょうか。

この10個を毎日繰り返し覚えます。
できてきたら新しいものを混ぜていきます。
必ずできるものははずさずいくつか残します。

かつて小学校の授業参観で拝見した先生方の素晴らしいスキル。
学習のお役に立つかと思いますのでご紹介します。
若干記憶が怪しいのでツヨママのアレンジありで。
家でもたくさん学習しました。

当時「ばなな」を覚えてから数日してツヨは
キッチンに置いてあったバナナを見つけて
『バナナを食べたい』
と50音表で要求してくることができました。
コミュニケーションが成立した瞬間でした。

50音表が
『便利だな!』
ということに気づいたらもうこっちのものです。

ツヨはこの方法で知能指数20程度なのに
小5小6の二年間で100近くの単語を覚えることができました。

その前にひらがなの形を覚えること
ひらがなの音をすべて覚えること
50音の順番を覚えること

これに小1から小4までかかっています。
学校でひたすらひらがなを書き、
私がお風呂の100均の50音表で毎晩音読し、
楽しく学習しました。
これに4年間です。
あせってはいけません。
そのうち耳で音を覚え
目で形を覚え
50音の規則的に並んだ表で
音の順番を覚えました。

この方式で新しい単語をまだ少しづつおぼえることができます。
興味のあるものだけですが。

やりたいこと、ほしいものを相手に伝えられない。
それがどれほどのストレスか。
教えることを面倒がっていてはいけないと思ったのです。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写



by keikototyuyo | 2017-04-10 23:52 | 視覚支援・作り方・教え方 | Comments(4)

カレンダーが読めること 見通しをもって生活する大切さ

ツヨは信号は読めないけれどカレンダーが読めます。

小学校高学年くらいでしょうか
カレンダーの仕組みが理解できたのは。

小学校で繰り返し勉強したからだと思います。
「明日の予定」
をホワイトボードに貼る係をやっていて
翌日になるとそれを
「今日の予定」
に張り替える。
そして現実になる。
日にちが一つずつずれていって
予定が一個ずつ消化されていく

教室に月のカレンダーのとても大きいものが貼ってあって
昨日やったこと・今日の予定・明日の予定を確認しながら
先生が毎日進めてくれていたように思います。

次第に
「来週の予定」が現実になり
「来月の予定」が現実になり

予定を立てたことが確実に一定の規則で繰り返されている
ことにツヨは気づきます。

今は、月の初めになると
ボールペンを私に渡してきます。
『今月の予定をカレンダーに書いてください。』

1日 (金) がっこう ○○○(児童デイの名前)
2日 (土) ○○(児童デイの名前)
3日 (日) パパ おふろ
・・・以下月末まで書く

予定の変更も大丈夫です。
目の前で白消しで消して書き直すと納得します。

曜日も並び順で分かっているようです。
月曜にショーステイに泊まって
火曜にショートステイから登校したことが一度あったのですが、
何か月もしてから
カレンダーの月曜を指して
それから50音表の「△△△(ショートステイの名前」を指して
『また泊まりたい。』
と教えてくれた時はびっくりしました。

そのショートは予約が2か月前でないととれないので
「また今度ね。」
と言って予約をして、カレンダーの2か月先の月曜に
がっこう △△△
と書いておいたら
最近気づいたようでたまにカレンダーをちらちら見て
『この月曜が泊りか。』
と楽しみにしているのにまた驚きました。

たぶん年間の流れもだいぶ把握していると思います。
3月で何かが終わり、4月から始まること、など。

カレンダーが読めて
見通しを持って生活することを自分のものにしている。
これはツヨの強みかもしれません。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写

by keikototyuyo | 2017-03-09 23:43 | 視覚支援・作り方・教え方 | Comments(4)

時計とカレンダーが読めると

時計とカレンダーが読めるようになると、
スケジュールを具体的に知らせることができるので、
少し暮らしやすくなるかもしれません。

個人差が大きいです。
ツヨは時計はほとんど読めませんが、
今、学校で勉強しています。

長い針と短い針のちがい。
30分ぴったりでない40分などを読む。
時計の絵に分の細かいメモリをつけて
15,16,17・・・40
で、2時40分など。

そもそも時間の理解ってできるのかな?
腹時計なら得意だけど。


カレンダーは小学校で覚えました。
毎日朝の会で日付の勉強。
そして明日の予定が、次の朝には今日の予定になる。
大きなカレンダーで繰り返し繰り返し勉強してました。

今、ツヨは月間の予定が分かるようになりました。
土日が学校お休みということも、
たまに土曜が学校で振替休日があることも、
三か所の児童デイ等の名前も予定も頭に入っています。

カレンダーが読めたことでツヨの生活が引き締まりました。
文字通り、ツヨは先が見通せるようになったのです。

学校から帰ると、自分で明日の支度(体操着・給食)の用意をします。
汚れたものを洗濯機へ。新しいハンカチやお手拭き、体操着・エプロンを袋へ入れて、
風呂敷はきちんと結んで。

そして金曜日は洗濯機に出すだけで、終えます。
月曜日の支度は日曜の夜にやる、と決めているようです。

決められたことをきちんとこなすことが得意なツヨ。

できあがると、私のところに来て手を合わせてタッチを求めるしぐさ。
そっとタッチして「えらいね。」というと
スキップで去っていきます。

学校からもらった個別指導計画に
「基本的な日常生活動作は獲得し、簡単な指示であれば的確に行える」
と書いてありました。

うれしい。

「しかし、こだわりが強く、繰り返さないと気が済まなくなることがある。」

と書いてありましたが・・・

めげずに得意なことをコツコツと。

・・・あ~時計かぁ。これはどうなんだ。読めるようになるのか?





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援してくれて ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

by keikototyuyo | 2015-06-05 23:56 | 視覚支援・作り方・教え方 | Comments(6)

『ぼくにこれからの予定をおしえて』

新しく通う特別支援学校の一日体験入学に行ってきました。

ツヨがその前から、春休みの予定と4月の予定を
カレンダーをさして『おしえて』と目で訴えてきたので、
それぞれの学校のHPを見せて、
日付を指しながら、こっちの学校はバイバイ。
こっちの学校はこんにちは。

新しい学校の門、昇降口、教室、スクールバスの写真があったので、
指さして教えました。

ここでお勉強。遊ぶ。

察しのいい子なので、すぐ理解しました。

一日体験入学の日はお利口に過ごすことができ、
帰ってきてからも、今度はいつ行くの?
とカレンダーのところに連れて行かれ確認させられました。

スクールバスも乗る気まんまん。

バス乗り場までの写真は撮ってあるので、
あとはタイミングよく提示して誘導できるか。

放課後は学校内の学童クラブに週1回、
別の場所での民間の放課後等デイサービスに週2回。

移動支援と通学通所支援の受給もしっかりとりました。

学校ではいろいろあるかもしれないけれど、
放課後は息抜きの場として、リラックスして楽しめるといいな。

私もやっと時間が作れそうです。

ツヨの様子を見ながら慎重にすすめよっと。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
応援してくれて ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ



f0025201_0544037.jpg

by keikototyuyo | 2015-04-01 00:52 | 視覚支援・作り方・教え方 | Comments(0)

イラストより写真

明日は病院へ行ってきます。
あまりに不安で先日一人で下見に行ってきました。

片道2時間・・・

高速ぶっとばして。(笑)

大きな病院なので駐車場や受付、待合室の場所などを下見です。
こちらも初めてだと、だーっと走られてしまうとどうにもつらい。
待合室の写真なども撮ってきました。

院内にローソンがあるのでそこでおにぎりとジュースを買うことを
楽しみにさせよう。
興奮してしまって買い物ができるかどうか分からないけれど。^^;

区役所に掛け合って、ヘルパーさんに同行してもらう受給者証を発行してもらったので、
二人いれば何とかなるでしょう。(たぶん・・・)
しかし・・・
ヘルパーさんが車に乗り込むことを説明するのが難しい。
言葉で説明しても、実際乗り込むことまで、なかなか想像できなくて、
『こういうことか!びっくりだ!この違和感に耐えられない!』
(ツヨの心の声)
と暴れる可能性があります。

とにかくインターネットの画像検索も交えて、手順書を作ることしばし・・・

・・・(作業中)

できました!写真16枚の手順書。

画像検索で車のシートを出して、ヘルパーさんの写真を
そこにヨイショと座らせてみたら、
ツヨが『わかった』とうなづきました。
これで明朝、乗り込むことに成功したら我ながら傑作だ。

手順書は、一度食い入るように見るともうツヨは見ません。
全部記憶してしまうようです。

ちなみにツヨはイラストより写真のほうが断然、理解度が高いです。
イラストのあいまいさ、書いた人のオリジナリティ、
簡略化されてしまった情報の少なさで、
より的確に理解することができないのだろうと思います。

イラストは紙とペンがあれば手軽に描けるという利点はありますが。
的確に理解をしてほしいならやはり写真がおすすめです。
そのものの写真がない場合は類似の写真でも意外と重宝します。

画像検索は本当に便利です。^^

最近の強迫的なこだわりと、
それを成し遂げることを少しでも阻止されようとした時の他害について、
A4二枚にまとめたものもできました。

あとは安全運転で行ってきまーす。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
読んだよ~のクリック、うれしいです!

にほんブログ村 子育てブログへ











by keikototyuyo | 2014-11-18 22:53 | 視覚支援・作り方・教え方 | Comments(6)

絵カードの作り方と障害児水泳教室

絵カードとpecsの作り方を以前記事にしました。
絵カード・写真のカテゴリーにもありますので参考にしてくださいね。

絵カードの作り方①

絵カードの作り方②

今はスマートフォンなどで絵カードのアプリなどもありますが、
一つだけ言えることは
多すぎる情報は混乱を呼ぶ可能性があるということです。

自閉症は視覚優位のお子さんが多く、
視覚支援は重要だと思いますが、
同時に目からの情報に対して、
私たちが思っているよりはるかに強い刺激を受けているとも言えます。

「これも覚えてほしい。これも好きでしょう。」

「でもいつでも要求されても困る」

というものをたくさんPECSに貼っておいたり
携帯の画像にたくさんあふれていても
子どもにとって「言葉の代わりの道具」として
きっちりと信頼してもらえなくなってしまうかもしれません。

過不足なく。

私も山のように作ったカードが
引き出しにしまってありますけどね・・・_| ̄|〇

あっ、感情のカードとかそろそろ出してみようかな。



そうそう

パパが単身赴任になり
土曜日の過ごし方を考え、
障害児の水泳教室に通おうかと思っています。
一般のプールでグループ指導ですが、所属のコーチが教えてくれるところです。

今日、体験に行ってきました。

ううう・・・腰が痛くなってきたので、どうだったかはまた後日・・・(~_~;)





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつもツヨに応援ありがとうございます!


にほんブログ村 子育てブログへ











by keikototyuyo | 2014-04-05 23:59 | 視覚支援・作り方・教え方 | Comments(2)

絵カードから、まさかの「次の段階」へ!

ツヨのスケジュールボードです。
f0025201_2245420.jpg



その日の予定を終えると
ツヨがここのそばに立って
『あしたのよていは?』
とアイコンタクトを送ってきます。^^

私が
「〇〇だよ。」
と言うと
下のスケジュールに、翌日の行先を貼ります。

耳で行先を聞き分けられます。(たいした種類はないのですが)

このPECSを作ったのは小1の時。
「絵カードでコミュニケーション」(右のお気に入りにもあります。)
を参考にして、学校で使い方や訓練の仕方を教わりました。
ツヨはすぐに
『これはべんりだな。』
と思ったようで、それから毎日欠かさずスケジュールを確認してくるようになりました。

行先の写真を撮ってきて
パソコンとラミネーターで行先カードを作りました。
カードを作るときに、文字は読めないけれど
いつか読めるようになるかもしれない。と
写真の上部にその名前を書きました。
f0025201_2251859.jpg


文字を入れたことを、その後はあまり気にしていませんでした。

しかし

今年のツヨの先生たちは、またしてもチャレンジャーでした。
字のほうが、いつでもどこでも誰でも
ツヨに「伝達すること」ができるからと
学校での見通しのスケジュールをひらがなで提示するという
私にとっては「まさか」のステップアップ。
ツヨもきっと『おっ??』っと思ったでしょう。^^;

一年生からの積み重ねはもちろんとても大きいものがありました。
50音を勉強して、50音を聞き分けられて、
一文字ずつ書けるようになり、
同時進行で耳から「物には名前があること」を勉強しました。

そして5年生で、耳で知っている単語をひらがなに置き換えていく
気の遠くなるような勉強をして。

さらに2月に一か月寄宿で生活する機会をいただき、
寄宿の先生も、字でのスケジュール提示を徹底してくれました。
朝から晩まで一か月徹底・・・

そして

5年生の終了式を終え、春休みのある日。

ツヨがスケジュールボードを前にして
何か指差ししていました。

私が、明日は「ぴっ〇〇〇〇」だよ~と何気なく言った後のことです。

今自分で貼った、児童デイの写真の上のひらがなを
声にならないけど口を動かしながら
一文字ずつ『ぴっ・〇・〇・〇・〇』と読んでいました!

読んでいた!

まさに字を読んでいたのです。

音と字と意味が一致した瞬間を見た思いでした!

じゃ、これは?これは?
とひらがなで書いてあるものを試しに私が指差すと
『がっ・こ・う』『お・べ・ん・と・う』
などと得意げに口をパクパクして読んでくれました。

読めたね!
ここに名前が書いてあることに気がついたんだね!
字って素敵だね。
こんなに便利なんだよ。

街には便利な字がたくさんあふれているんだよ!
メニューだって読めたらいいね。
駅にも名前があるんだよ。
本だって、絵だけじゃなくてお話が書いてあるんだよ。

次の扉をかちゃりと開けたツヨ。
きらきら輝く目で
次はどんな字を読むのか。



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
いつもツヨに応援ありがとうございます!
にほんブログ村 子育てブログへ











by keikototyuyo | 2014-04-02 22:39 | 視覚支援・作り方・教え方 | Comments(6)

自閉症児のアイパッドの活用

一人で過ごせるグッズとして
ツヨはアイパッドを使っています。

今日は少しご紹介します。
私がゲームをダウンロードしてまずやり方を見せると
あとは一人で楽しみます。
難しいゲームはできないけれど
ブロック崩し、ピース合わせのパズル、お絵かき、塗り絵、砂遊び、
あいうえお遊び、数字遊び、
形あそび、風船割り、車遊びなど。

そのうちアイパッド自体に慣れると、
写真を撮ったり、
超連写してそれをスライドして眺めたりし始めました。

そして最近はYou Tube(動画)に気づき、
文字は入力できないけれど
出てきた動画から「関連動画」を押すと
似たような動画が延々と見られることに気づき、
一人で盛り上がっています。

電車、エレベーター、ジェットコースター、
最近はNHKのおかあさんといっしょの歌や、
でこぼこフレンズ、ぼてじんの歌など
探し当てて喜んでいます。

子どもってすごいなぁ。

でも決して安価なものではないし、
毎月の利用料もかかり続けるので
簡単に購入をすすめることはできません。
お子さんによって相性も操作性の問題もあるでしょう。

わが家としては
私達ほかの家族も好きな本やDVDを買ったり、
たまにはお友だちとごはんを食べたり、
コトも習い事をしたり
時に欲しいものを買ってあげることもあります。
ツヨにも楽しめるものをあげたい。
そう思いました。
本当に楽しみの少ない人生だと思うので・・・

パソコンの操作がまだまだできないツヨには
結果的にアイパッドが宝ものになったと思います。

さっきはピングーに行き着き、
すごく見入っていました。
f0025201_2004723.jpg

ピングー最高・・・
私も見入ってました。
あれを見るとどうしてもピングー語のマネをしてしまうのは私だけ?



いつも応援ありがとうございます。


皆さんのブログを拝見するのにも活躍中!
f0025201_22153464.gif

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2012-07-15 23:35 | 視覚支援・作り方・教え方 | Comments(2)

禁止事項を絵で伝えてみる

ツヨはまだイラついています。
コトがやや耐えられなくなっており…

ツヨが朝、とにかくイライラして、
叫んで威張りながらご飯を食べ、
iPhoneとiPadを床に数回投げつけたのです。

学校で悪いことをしたら
必ず先生にお説教をされる一般の小学校四年生、コト。

そんなコトにしてみたら、
ダメ!と怒鳴られても
目を見て言い聞かせても懲りないツヨに
苛立ちを覚えてもしかたありません。

どうもツヨは休日になると怒りやすい・・・
人が周りに多い時のほうが
かんしゃくを起こすようなので
今日はパパとコトで水族館へゴー。

ツヨと私の二人きりになると
朝のかんしゃくのとき、私が怖い顔で叱ったせいもあって、
しばらくは私の顔色を伺って静かにしています。
そういう空気は読むのはどうしてなんだ…。

とりあえず3時間くらいiPhone・iPadを触らせませんでした。
その間、投げてはいけないということを
身振り手振りで何回も伝えつつ。

「分かった?」と聞くと、コクンとうなずく。

「じゃ、投げる?」私の右手を挙げる。
「投げない?」私の左手を挙げる。
「どっち?」挙げた手を選ばせる。

ツヨ、私の右手を指す…分かっていない…

投げる真似をしてもダメ。

普段、
物を投げたり人を叩いたり車道に出たりしてはいけないことは
ツヨなりに察している。
でも衝動的になった時でもそれを守れるようにしないと、
とても危険です。
この三つは今一度しっかりと伝えていきたい。

一度伝われば、律儀に守れる力はあるはず。
でも伝えるすべがない。

うーん・・・

で、こんなものを書いて、
身振り手振りと簡単な単語で伝えてみました。
f0025201_22304846.jpg

     オイオイ、ひどい画力だな・・・

 (あれ〜iPhone・iPadで見ると90度曲がっちゃうかも。
        ごめんなさい。直せない~。)

さてこれでツヨが理解できたかというと、
たぶん理解できたと思う・・・

成果はいずれ明らかに。

ちなみに絵の中のiPadの黒く丸いぐちゃぐちゃは
アップルマークですよ~・・・。
ここを見てツヨがやけに興奮していた・・・。



いつも応援クリックありがとうです~
f0025201_22153464.gif
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

by keikototyuyo | 2012-05-04 22:55 | 視覚支援・作り方・教え方 | Comments(10)