自閉症と診断されるまで②

息子に何らかの遅れがあることを認めざるをえない時期になって、
保健所で地域療育センターのパンフレットをもらいました。
ところがすぐに予約をしても診察は半年後とのこと。

こんな悶々とした気持ちのまま半年も待つなんて!とても耐えられない。
つい最近まで診断を決心するのを延ばし延ばしにしていたのに、
いざその気になると今すぐにでも結果を聞きたい心境でした。

すると保健所で月一回専門医の出張療育相談というのをやっていて、
たまたまキャンセルがあったので
2週間後にみてもらえることになりました。
その後の2週間、指差し、発語の特訓だ!と
けなげな計画をたてたものの、焼け石に水・・でした。

あっという間に相談日に。主人も同席してもらいました。
ということは結果を聞くまえからすっかり覚悟していたんでしょうね。
心細いからついてきてもらったんじゃなくて、
私から話すより直接医者から聞いてもらったほうが納得するだろうと思ったのです。

また発達検査を受け、私たちも色々質問されました。
生まれた時の様子から赤ちゃんの時の様子。
どんな遊びが好きかとか具体的な遊び方とか、
こちらの働きかけに対しての反応はとか。
その後医者とスタッフだけ別室で相談した後、
戻ってきて診断が言い渡されました。

「今お子さんがそうであるとはっきり言うことはできませんが、
「自閉症」の3つの特徴がでています。」
というように切り出され
3つの特徴の説明がありました。

簡単にいうと「こだわりがある」「社会性に欠ける」「ことばがないまたは遅れている」。
息子の場合、「偏食がひどい」、「やり取り感のなさ」、
「しゃべらない」ということがしっかりあてはまっていました。

「自閉症」・・・まさかと思っていたその言葉。
軽い知的障害だけであってほしい。
その思いははかなく散りました。

医者は
「親の育て方のせいではない、先天的なもので治らない」
とも言いました。
それと「親子で信頼関係を作ることが重要」とも。
あとは何を言われたのかよく覚えていません。
その日までの悩んでいた心が不思議と解き放たれたような感覚でした。
私のせいではなかったんだ!という安堵感。
それとは矛盾してるけど、
「今はっきり自閉症とは言えない」
ということは、まだそうでない可能性もある。
ましては医者の診断も間違っているかもしれないなど
、気持ちの整理はつきませんでした。
そしてその日は涙は出ませんでした。

数日して少し落ち着いてくると「自閉症」についてとにかく知りたくて、
ネットで何時間も検索して記事を読み漁りました。
読めば読むほど息子に当てはまることがたくさん・・・
「自閉症児を育てるのは大変」とどこを見ても書いてある。
この先どうすればいいのか、漠然とした不安で一杯でした。

私の母に電話で伝えようと思い、
さあ話し始めようとしたら、涙がどんどんあふれてきて、
もうどうしようもなくなってしまいました。
頭では冷静に受け止めているつもりでも、
心は悲しくてしょうがなかったんですね。
by keikototyuyo | 2006-02-16 01:29 | 診断・診察 | Comments(6)
Commented by nono at 2006-02-16 11:07 x
こんにちは。さっそく読ませてもらいました。
経過がなんだか、似ていることがいっぱいで驚きました。
私もなかなか、子供が授からなくて、やっと!と思ったら流産してしまいました。そのころ、やはり転勤でまわりに友達もいなくて、テレビで子供ができたと聞くたびに、なんで?私のところには・・といいようもない悲しさでいっぱいでした。そんな時。病気がみつかって、子供を産んでからでなければ死ねない、なんて思いつめたりしていました。
だから子供を授かったときは、嬉しくて、でも無事うまれるか心配で・・・・
その子が自閉症だとわかったときは、愕然として、周囲の励ましも疎ましく思うほどで、1人考え込むことが続きました。
けれど、もしかしたら、神様がいたとして、(あまり信じていませんが)
そんなに欲しいなら、この子を育てられるかい?と試しているのかもしれない。もしくは、こどもを産んだらもう私はどうなってもいいのだ、と思っていたから、この子を育てるために、長く生きなければいけないよ、
と言っているかのように思えてきたこのごろです。
診断されてから、いろいろあった1年でした。
Commented by keikototyuyo at 2006-02-17 08:14
コメントありがとうございました。
子供にもらう力はほんとに大きくて、私もこの子を授かったおかげで「大切なやるべきこと」を与えられたような、そんな気がしています。
のんきに暮らしていたら出会えなかった何か・・それはきっと大切なものになるような気がしています。
Commented by kyomuco at 2013-07-31 21:49 x
はじめまして。
うちのこと症状が似ていたので思わずコメントしました。

最近 育児に疲れを感じていた時に、このブログをみくけました。

2012.3月産まれの
我が家も男の子&女の子の双子です。

現在3歳4ヶ月になりますが、少し単語が出てきたところで、まだ2人とも喋れません。

女の子の方が特に自閉症の傾向があり、最近はパニックになっまら手のつけられない状態で…
双子の大変さ。自閉症と向き合っての育児。本当大変だと、毎日頑張ってます。

これからもブログ参考にさせてください。
Commented by keikototyuyo at 2013-08-01 23:04
kyomucoさんへ。
はじめまして。ようこそおいでくださいました。^ - ^
三才四ヶ月ですか。一番大変なときですね。
でもお子さんと向き合っていらっしゃるとのこと。
大変なこともあると思いますが、
応援していますね^ - ^
Commented by harukazeh7 at 2014-08-19 00:08
はじめまして。
横浜在住の、2012年10月生まれの息子が先月自閉症と診断された者です。
これから頑張らなきゃという気持ちと、親の私や夫の死後息子はどうなるんだろうと、モヤモヤしていたときに、こちらのブログにたどり着きました。
子どもの笑顔に癒される一方で、神様は私に平穏な幸せをくれる気はないんだな…なんて落ち込んだり、まだまだ気持ちの整理がつかず揺れていますが、頑張っていこうと、ブログを拝見していて改めて思いました。
これからも読ませてください!
Commented by keikototyuyo at 2014-08-19 23:29
harukazeh7さんへ。
はじめまして。ブログをご覧いただいてありがとうございます。
息子さん、もうすぐ2歳なんですね。かわいい盛りですね。
この先、たくさんの人と出会って、心から信頼できる人、
長く助け合っていく仲間、熱心な先生に
恵まれることを心から祈っています。
今までたくさんのメッセージを私もブログに残してきました。
私もまだまだで、大変なこともたくさんありますが、
私を頼りにツヨに無垢な目で見つめられると
幸せだな~って、ただ思います。
お身体に気をつけて、お互い長生きしましょう。
<< 一日入園とディズニーランド 自閉症と診断されるまで① >>