軽度の発達障害で診断を受ける必要がある子ない子

軽度の発達障害について、あまり書くことはなかったのですが、
感じたことを少し書いてみようかなと思います。

どれくらい軽度かというと
普通の小学校の1クラスに一人いるくらいのタイプで、
知的に障害がなく、基本的に自分のことは自分でできることが前提です。

個性にせよ障害にせよいろいろな困りごとがあるかと思いますが、
専門家ではないのでそこは触れません。

診断を受けるかどうか病院を受診するのかどうかに対しての、
私の経験に即した親の立場での考え方です。

生後一歳くらいから幼稚園や小学校までの間で発達障害が疑われ、
診断を受けることを人に勧められることがあるかと思います。
もっと軽ければ中学・高校・大学生、もしくは社会人になってから、
「人と違う」という違和感を感じて診断を受けようかと思うパターンもあるかと思います。

診断を受けるのか受けないのか。まずその判断材料としていくつか考えました。
幼いころから大人までのおおよそ年代順になっています。

「その子に専門の療育が必要があるかどうか。
つまり客観的に見て、将来一人で社会生活を送るうえで大きな支障がある、
他害・自傷などの行為がある、著しく情緒が安定しない等の場合。」
「生きていくうえで具体的な困りごとが本人にある場合。」
「頑張ればできる、など周りからの過度な圧力がある、無理解に苦しむ等、
整った環境で生活ができない恐れがあり、周囲の合理的な理解を得る必要がある場合。」
「将来就きたい職業と、実際に継続できる職業に差がある。または就職先が決まらない等の場合。」
「うつや適応障害などの二次障害を起こしている場合。」

つまり、もしはっきりと発達障害が疑わしいと思ったとしても
他害・自傷行為がなく、情緒が安定していて、本人も困っておらず、
周りの理解があり、適切な環境で学校や職場に通えて、
かつ自分の能力を無理なく生かされる技や職を持っているならば、
「あなたはアスペルガー症候群です。」「あなたはADHDです。」
などの診断名は必要がないのかもしれないということです。

もし学校で少し浮いてしまっていても、適切な対応をする教師に見守られ、
いじめや不登校があっても乗り越え、周囲の理解のもとにやりたいことを見つけて
例えば音楽や美術の学校へ進む道が開けるかもしれない。
勉強が苦手なら、通信制の高校で中学校の勉強から学びなおし、
高卒の資格をとれば自信にもなる。
情報系・福祉系等の専門学校に通ってもいいし、もちろんすぐに就職したっていい。
大学でとことん研究する学者になるかもしれないし、
芸能界で唯一無二の個性を発揮する人もいるでしょう。

信頼できる大人のアドバイスが必需です。
親でもいい。学校の先生でも。塾の先生でも。

そして毎日、できるだけ楽しく生きること。
学校でうまくいかなかったら家でもいい。
一人が良ければ一人好きな音楽や美術に没頭するのもいい。
気の合う仲間とアニメやゲームやアイドルや電車の話で盛り上がってもいい。

そういう子たちにとって
世の中は理不尽なことだらけかもしれない。
できないこと、わからないことがたくさんあって不安でいっぱいかもしれない。
皆が当たり前と思うことにどうしても共感できなかったり、
いつも孤独感と隣り合わせかもしれない。
だから近しい人や好きなものを大切にして
凛として生きてほしい。

そんな風に思います。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ


禁複写



by keikototyuyo | 2017-09-30 00:27 | Comments(4)
Commented by at 2017-09-30 23:05 x
診断を受けずに働いている社会人2年目の者です。
恐らくアスペルガーだと思っています。
困難な時に診断を受けようと何度か思いながら
今まで診察を受けずにいます。
うまく言えないのですが、
とても励まされました。
これからも頑張ろうと思えました。
ありがとうございます。
Commented by keikototyuyo at 2017-10-01 00:11
龍さんへ。
コメントありがとうございます。
もしお役に立てたなら私もうれしいです。
私の中にあるものをすべて絞り出して書いた記事です。
龍さんを陰ながら応援していきますね。
Commented by アラパパ at 2017-10-01 00:31 x
同じ障害でも重度と軽度では全然違ってくるんでしょうね。ツヨママさんの言う通り自立できていて過度に悩むことなく周囲にも理解されているなら病院など診断を受ける必要はないですね。
僕の幼馴染の友達はおそらく今思えば 軽度の発達障がいなんだろうなぁー、と思うんですがそのような病院などには行ってません。今は結婚もしていて子供もいますし幸せそうな人生を歩んでいます。
今の時代何かにつけて病名をつけたがりますね、
それだけ社会の寛容さがなくなってきてるんでしょうかね、、、。
Commented by keikototyuyo at 2017-10-02 22:02
アラパパさんへ。

コメントありがとうございます。
必要な人にサポートがいくための診断であってほしいですね。
<< 実りの秋 将来のこと >>