施設見学 人の言うことに心を傾けられるか

人とのやりとりが刺激になってしまう方もいるかもしれない
という話をしました。
ツヨはどうなのかな。
家族や先生や友達に、どれぐらい心を寄せてくれているのかしら。

思春期で体と心の急激な変化があったとき、
不安を強く感じたツヨはこだわり行動が強迫的になって
私のことも目に入らないようなときが確かにありました。

でも今はちがう。
声掛けにもよく反応しているし、一緒に音楽を楽しむこともできる。
カウンターで書き物をしていると、後ろに立ってそーっと背中にしがみついてくる
こともあって、これはどう考えても甘えているでしょうと。
こだわりで甘えているわけではない。

幼い時から声掛けやジェスチャーでやりとりを続けてきました。
外で鳥が鳴けば
「鳥がキーキーって鳴いたねぇ。」
ごはんが早食いなら
「ゆっくり。カミカミ。休憩10数えるよ。いーち、にーい・・・」
ツヨは何も答えられないけれど
鳥のキーキーに対して
「あーあー」
と言って答えます。
いーち、にーいと食事の休憩は十秒私のカウントに合わせて
からだを前後にゆらしてちゃんと箸をとめています。
「いい子だね」
というと
「くーう」と照れくさそうに口角を少しあげ、からだを横に揺らします。
言葉かけは子どもじみているけれど
ツヨの分かる言葉は実際そんなぐらいなのです。

こんな反応も安定しているからこそで、
こだわりが強いときは人が変わったようでした。

安定こそ本当に大事です。
ツヨは薬のお世話にもなっています。
それで暮らしていかれるならツヨにとっては必要なのです。

安定しているのであれば、もう少し家庭的なグループホームのようなところで
将来は職員さんにときにかわいがられ、時に困らせてしまい、なんとかかんとか
施設でなくても暮らしていけるのではと思いました。

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ


禁複写






by keikototyuyo | 2017-07-16 23:02 | 息子の将来 | Comments(6)
Commented by ばあば at 2017-07-18 13:22 x
安定こそ本当に大事ですよね

Pもお薬のお世話になったり休憩したりです
この7月で満13歳になり
現在も落ち着いている状態で
何とかこの状態を維持出来る事を
願ってます

Pも娘に頬を寄せて甘えたり
父親の膝にもたれ掛かったり
とても可愛いです

安定しておれば
選択肢が増えますものね。
Commented at 2017-07-19 21:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by keikototyuyo at 2017-07-21 00:05
ばあばさん
コメントありがとうございます。
Pくん、13歳のお誕生日おめでとうございます。
Commented by keikototyuyo at 2017-07-21 00:10
鍵コメントのnさんへ。
コメントありがとうございます。
何が幸せで何が楽しみか。

ツヨは何にもなれませんし、
何もできないかもしれません。
でも私のとなりで幸せそうに歩いています。
誰よりその心は尊いなぁと思います。
Commented at 2017-07-21 00:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by keikototyuyo at 2017-07-23 22:21
鍵コメントのUさんへ

コメントありがとうございました。

お仕事大変ですね。

私は日々失敗ばかりで反省の毎日です。

<< 母の延命措置を考える 施設見学 自閉症児に見えている世界 >>