気持ちを想像する そして大切なさじ加減

生活する中で、どうしても譲れないことが
ツヨの中にあるとき
はっきりと粘り強く主張してくるようになりました。
その場しのぎではない
一貫した対応をしないといけません。

ちなみに幼児の頃は一日中そんなことだらけでした。
外を歩くにも自分の行きたくない方へは一歩たりとも進まず、
おんぶや抱っこからのけぞって抵抗し
地面にうつ伏して泣き、コンクリートの地面に頭を打ち付けて
全身全霊で主張していたものです。

行先、道順、行く目的がツヨに本当に理解できているか
それがとても大切で、出かけられる場所はどんどん限られていきました。

動線のこだわり。
学校でそう言われました。

思い返すと常にこれに苦しめられてツヨと私は生活をしてきました。
長い年月の中、工夫したり変革を試みたり
そしてたくさんのことをあきらめてきました。
この先も試行錯誤しながらこれと付き合っていくしかありません。

私一人ではどうにもなりません。
学校の先生が一緒に考えてくれるのが大きな救いです。


昨日の校外学習。
美術館より前回の行先である
JALスカイミュージアムへどうしても行きたかったツヨ。

どこまで彼が理解できているのか分かりませんが
学校からバスに落ち着いて乗り込み
美術館のワークショップの部屋に入ると
突然「わー!」っと叫んでリュックを背負って
走り出したそうです。

ここでは飛行機は見られないことは分かっていたことと思います。

『ひこうき』

両手を大空に向けてばっと開くジェスチャーを
何回も繰り返し。
そう。
飛行機が轟音と共に滑走路から飛び立つさまが
彼の心に刻んだ感動は
私たちの想像を超えたものだったのでした。

先生がツヨを座らせて落ち着かせ
分かりやすい短い言葉で
これからのスケジュールを文字とともに
粘り強く示してツヨと対話をしてくれました。

つくる(ワークショップ)
おべんとう
でんしゃ
がっこう

きっとツヨは真剣な眼差しで
『ひこうき』
のジェスチャーをして先生に確認をしたことでしょう。
ぼくはひこうきをみたい。

でも落ち着いて繰り返す対話の中で
でんしゃ
という単語にツヨが耳を貸したそうです。
もちろん事前学習でも伝えてくれてはいたと思いますが
ツヨの耳に
『ひこうきはだめらしいけれど、あののりものにのれる』
実感として届いたことでそのあとのスケジュールを受け入れる気持ちになり、
ワークショップをテキパキとこなし
お弁当を食べ、
電車に楽しそうに乗って帰ってくることができました。

大変ご心配をおかけしました。

絶妙のさじ加減が必要です。
先生に感服しました。

みんなが楽しんで思い出を作って素敵な作品も作ったことでしょう。
元気に帰ってきたと下校後に連絡をもらいました。

駅のホームに入ってくる電車をみて
大喜びでぴょんぴょんと跳んでいたそうです。
納得さえしていれば落ち着いてルールを守って行動できるように
たくさん訓練はしてきたものね。

そして乗り物がやっぱり大好きなのだなということに
あらためて気づくことができました。

あ、今あることに気づいちゃった・・・
過去の話ですが
「あ、だからあの時そうだったのか。」
ということ。
長くなるのでその話はまた・・・


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写






by keikototyuyo | 2017-04-29 22:12 | こだわり・常同行動 | Comments(6)
Commented by うさぎ at 2017-04-30 09:14 x
はじめまして。数年前からずっとブログ訪問させて頂いています。ツヨくんの遠足良かったですね!! どうかな?どうかな?と勝手に心配していました。目が覚めて直ぐご報告チェックした次第です。

私は、現在おばさん看護学生です。「精神看護」の実習中でこれまでのツヨくんとのお付き合いが(勝手に傍にいる気持ちでしたw)患者さんとのコミュニケーションや観察の力になっています。

傾聴だけでなくその方が何をするべきか選択を待つアプローチ・何が社会生活を困難にしているのか観察し援助計画を立てる・その評価・出来るだけその方の希望に沿えるように対応すること・嘘をついてその場しのぎしない。そして信頼関係を構築していく。昨日出来た事を今日出来なくてもがっかりしない。だって昨日と今日は違うその方の心なんですよね。違う理由があるはず。しかし、生活が便利になることは、根気強く訓練するお手伝いをする。短いセンテンスでして頂きたい事を伝えるなどツヨくんに教えて貰ったことを実践しています。みんな精神看護の実習は大変苦労して中々合格点が出ませんが、私は何度か指導されながらも1回で合格出来そうです。私が合格できる理由は、関心を「自分」から「相手」に向けている事だと思います。ツヨ君ママから学んだことです。これは中々難しいです。どうしても実習課題をクリアしたい自分に関心が向きます。でも相手に関心が向けられたときドミノ倒しのように課題がクリアして行きました。

ヒトの心や脳の働きは、私たちは「ヒト」でありながらなんと理解が薄いのでしょう。自分のこころさえも理解してやれず病気になります。これからもツヨくんの成長を傍らで見させて下さいね。優しさを分けて下さいね。そしてツヨくん家族の悲しさや喜びを「ヒト」の仲間として傾聴できる自分でありたいです。

ツヨくん万歳\(^o^)/の気持ちと感謝を伝えたくて長々と失礼致しました。
Commented by keikototyuyo at 2017-04-30 23:31
うさぎさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。
数年前からお読みいただいているとのこと
とても嬉しいです。
思いもしないところでもしお役に立てているとしたら
驚きですし不思議な気持ちです。

感情や視点を「自分」ではなく「相手」に向けることですが、
生来のものなのでしょうが、周りが常にまるで映画のように
すべて客観的に見えてしまいます。自閉傾向の世界の真逆です。
「自分」側からしか見えない人は私の周りにもそれはそれはたくさんいて、どっぷり囲まれてしまっている状態です。(笑)真面目で嘘がつけなくて愛すべき人たちですが。

逆に支援をしてくださる側にはやはり「相手」に視点を向けている方が多く、学校や福祉・医療のスタッフさんなどです。お仕事柄とても大切な考え方だと思います。
看護実習の合格をお祈りしています。

人の心は本当に難しく、強いけれどとても弱く、
人間に課せられた解けない最後の課題かもしれません。
大昔から哲学や心理学、孔子やキリストの教えなどで繰り返し整理をされてきていますが、答えはなかなかでません。
私は自分の中で熟慮したことまたはひらめいたことに
常にベストを尽くすようにしています。

ツヨやコトが幸せそうに笑うことができているか
楽しいことばかりではないのが当たり前で
それでも腐らず心からは怠けずコツコツとやっていってくれればいいなと思っています。

そして私はとてもおっちょこちょいなので、たくさんの人に
支えられています。
「ごめんなさい!」と謝ることが多いですが
「全然大丈夫ですよ。」と言っていただくことも多く
本当に救われる思いです。

自分も腹を立てなくないし、人が腹を立てているのも
本当にできるだけ関わりたくないと思っています。
怒りは周りの人を閉口させます。

いろいろ書いてしまいました。
日頃よくこういうことを考えているので
つい語りたくなってしまいました。

ツヨへの心強い応援ありがとうござます。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by ばあば at 2017-05-02 10:45 x
男の子達は乗り物が好きな子が多いですね

特に大きな飛行機や電車は迫力がありますものね

飛行機から電車へと切り替えて
ぴょんぴょん跳んで喜ぶツヨ君を見て
先生方も連れて来たかいがありましたね

この感情表現は素直で無邪気で
思わず周囲を笑顔にしてくれます。
Commented by keikototyuyo at 2017-05-02 21:32
ばあばさんへ。

コメントありがとうございます。

なるほどツヨも男の子なのですね。
好みなどもいつまでも幼いままでなく
いつの間にかたくましくなっているのでしょうね。

電車で無邪気に喜ぶ様子を見て
先生方もさぞやホッとされたと思います。
Commented by うさぎ at 2017-05-03 10:42 x
お返事ありがとうございます。

昨日合格を頂きました。「更に学ぶ必要がある」が一つありましたが自分の評価と同じところでした(汗)。まだまだご指導頂きたいのですが連休明けに患者様にご挨拶してお別れになります。

 昨日は、合格のご褒美?に患者様と院外お散歩の許可を頂き近くの公園に出かけました\(^o^)/。午後からのプランで昼食が済むまではいつも通りに過ごすためお知らせしない。午後外出プランを伝える。外出の準備を考える。出発前にもう一度お約束の確認。出発進行!!。数ヶ月ぶりの外出で喜んで頂けるかな?とワクワクしました。目的の公園では、院外だから期待できる指導の効果や患者様は楽しさだけでなく緊張や強すぎる刺激を受けていること。適切にフォローしながら私たちが楽しさの受け止め方やリラックスを学習できる見本になることなどetc・・付かず離れず指導の仕上げをして頂きました。「学生だから素直にワクワク出来る貴女の態度も援助計画のうち」と豪快に笑う指導者さんに感服しました。

 お顔も知らない人がそこに生きておられて力を貸して下さる。私もなにかお役に立てるかも知れない。本当に不思議なことです。私はそれを感じる心をを授かったことに日々感謝して生きて来ました。辛い事が多い人生でした。「こころ」は悲しくなる事を感じてしまうこともありますね。いつしか齢を重ねて時間が掛かってもお互いさまと思い至れるようになりました。笑

 さあ、次の課題に向けてがんばるぞ!

ご丁寧なお返事コメントに重ねて感謝申し上げます。「そうそう・・そうですね。私はこんな事を考えています。」と何度も読み返させて頂きました。多分お店でなら紅茶三杯をお替りするくらいお話ししました。笑 また、おじゃまさせてくださいませ。
Commented by keikototyuyo at 2017-05-04 23:03
うさぎさんへ
合格おめでとうございます。
患者さんにとって、なくてはならない方になられることを
祈っております。
私にも何かできるきちんとしたお仕事が
あったのではないかと思うこともありますが、
こういう子どもを授かったからには
この道でできる範囲のことをしていこうと思います。

紅茶三杯おかわりしてもお話は尽きないかもれしませんね。
どうぞまた遊びにいらしてくださいね。
<< たくましくなる身体 見えないと思考が止まる >>