見えないと思考が止まる

明日は校外学習で美術館に行きます。
作品鑑賞だけでなく
ワークショップもあるそうで
どんな体験をしてくるか楽しみです。

前回のJALスカイミュージアムがことのほか気に入ったらしく
あれ以来毎日のように遠足のしおりを眺めているツヨ。

今度は美術館だよ。
と言っても飛行機をきっぱり指差します。
明日は美術館と理解していても
こっちじゃないよと否定されるのがいやなのか
寝る前になって
「ぎゃー!」(こっち!)
っと叫んで家の廊下を走り出しました。
あわわ
これはだめだ。
「飛行機だね。いいよ。」
と言うと
「ん。」
とこっくりして去っていきました。

明日は明日
分かっちゃいるけど
どうしてもこだわりたいときもある。
否定しちゃいけないんだ。たぶん。

そして飛行機のしおりも美術館のしおりも
見えないとことに隠してしまいました。
すると少し引き出しを開いていたけれど
それ以上欲しがりませんでした。

あるから心が揺れる。
本当にそういうものなんだね。
隠してしまって要求ができなくなるせいで
不便でかわいそうだということより
目に入らなければ思考回路から
切り離すことができるという利益の方が大きい。
混乱をシャットアウトできる。

視覚支援の役割は支援をすることで
心を乱すものではないはず。
特に、行動を抑制するために過度に視覚支援を使うことは
視覚優位の人に対してフェアではないと思うのです。

明日の遠足の用意は自分でできています。
しおり以外・・・
きっと行先も理解している。
あとはどうでるかはツヨの気持ちなので
私たちには想像できません。

本人が美術館は行かないという選択をしたら
学校で居残りの可能性もあるし
意外とすんなり行くかもしれないし。
悪いパターン定着の不利益のことも考えないといけない。
第一に集団行動のルールもある。

あとは先生が静かにホワイトボードか口頭で
正しい行先確認等をして出発するだけ。

ぎゃーっとなりませんように。

美術館が新しい楽しい行先になりますように。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写



by keikototyuyo | 2017-04-28 00:43 | 絵カード・写真 | Comments(2)
Commented by ばあば at 2017-04-29 13:21 x
大きくて 動いて 飛んで
飛行機ってワクワクするよね ツヨ君

轟音 スピード 翼広げて離陸
カッコいいよね ツヨ君

JAL職員にJALスカイミュージアムが
お気に入りのツヨ君の話をすると
とても喜んでいました

また誤字の訂正です
毎日「トランプ」と目から耳から聞かされると
私の脳内は「トランポ」が「トランプ」に変換されてました
失礼しました

トランプと言えば
Pと二人で7並べを何度かしました
手持ちのカードが多くなるので
私がPと私のカードも数字順に整理し
探しやすいように
オープンに広げて遊びました

こうして対等に遊べた事が大変嬉しかったです。
Commented by keikototyuyo at 2017-04-29 22:27
ばあばさんへ。

コメントありがとうございます。

ツヨは本当に飛行機の飛び立つさまに心を奪われてしまったようです。本当にすごい乗り物です。

誤字の件、了解いたしました。
どうぞお気になさらなでください。
トランプ遊びがとても楽しそうで素敵です。
<< 気持ちを想像する そして大切な... 本当に好きなことをして人生を過ごす >>