え?そこでたたむんだ?! ツヨぽん。

きのうの夕方「えっ!」と固まったちょっとした出来事。

児童デイから帰ってきたツヨは毎日
ベランダに干してあるタオルを取り込んでたたんでくれます。

部屋にいっぺんに抱えて持ってきて、
床に座り込んで一枚ずつたたんで、
重ねて、カゴに入れて終わり。

これはこだわりを良い習慣にできたもので
「いつも通り」が大好きなツヨは
こういう簡単で目に見えて片付くような作業を好んでやります。

まだ少し湿っているな~という時も
制止を振り切って取り込んでしまうということはありますが、
まぁそれはしかたない。

とにかく下がっているタオルはたたんでカゴに入れるという作業が
浸透しています。

そして昨日の夕方、自分の担当を終えてホッとしていたツヨ。
残りの洗濯物を私が取り込んでいました。
私はその場で空中でたたんでベランダのカゴにいれていくタイプ。
(雑ですみません・・・)

するとタオルが二枚、朝にツヨが干してくれた洗濯ハンガーでないところに
私が移動させたものが残っていました。
ちょっと厚めのバスマットだったので別のよく陽の当るところに
移動させてあったのです。

それを見つけたツヨが慌ててベランダに出てきました。

『しまった。あれがあんなところに!』

それで怒ったりはしません。穏やかなツヨポンです。

『早く取り込んでたたまなければ!』

焦ったのでしょうね。

ハンガーから外すとなんとその場でしゃがんで
ベランダの床でたたみ始めました!
はい。うちのベランダは汚いです。

『えっ!』と心の中で叫ぶ私。

思わずその光景にびっくりしました。

普段、あまり「ダメ」と言うことはないけれど
これはダメだ!

「ツヨ。ここ(ベランダの床をしっかり指して)はバツよ。」

するとびっくりしたツヨが、
例のまっすぐなきれいな目で私の目をハッと見て
『えっ?』
しゃがんだまま見つめ合うこと数秒。
ベランダの床が汚いなんて全然わからないツヨぽん。

『だめなの?この場所はだめなのね?』
と思ったのでしょうね。

立ち上がって
なんとその場でちょっと中腰で前かがみになって自分の膝でたたみました・・・!

そのしぐさがなんと純粋でかわいらしいこと!

『世の中にはわからないことがいっぱいだなぁ。
でもママが言うんだからきっとここの床はだめなんだ。
でもはやくたたみたい。
そうだ。
こうして膝でたたもう。
ちょっとまげればいけそうだ。』(ツヨの心の声)

私はというと・・・
ベランダでたたむんだ・・・ということにまずびっくりし、
そういうことがわからないことに少し切なさも感じ、
その場で中腰で膝でたたむ姿に胸がきゅっとし、
あの、わからないことに遭遇したときの
いたいけで無垢な瞳にすっかりノックアウトされてしまったのでした。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写

f0025201_22033326.jpg






by keikototyuyo | 2017-04-04 13:36 | 家での訓練 | Comments(6)
Commented by ばあば at 2017-04-04 19:37 x
もう 読んでいる私もノックアウト!

もう 膝でたたむ姿に私も胸キュン!

ツヨママの描写のうまさ
スクリーンで見ているようです

切なさと可愛さ
愛おしい気持ちで見つめると
この子達の魅力がよく分かる

渡米の日が近づき
少しの間 ブログともお別れですが
お元気でお過ごし下さい。
Commented by keikototyuyo at 2017-04-04 22:21
ばあばさんへ。

コメントありがとうございます。

どうぞお気をつけて
いってらっしゃいませ。
楽しい旅になられますように。
Commented by すけママ at 2017-04-06 19:06 x
初めてコメントさせて頂きます。
あんまりコメントしたりすることが無いので、もし失礼がありましたら、すみません…。
我が家にも、6歳の自閉症の息子がいます。
単語は少しありますが、3歳の頃からあまり発語が伸びないままです。理解は前よりしてますが、とにかく頑固というか、自分のやりたい事を制止されると、大声で泣き叫びます。最近は、理由が分からず怒ったり泣いたりするので、途方にくれたりします。
ツヨ君の小さな頃のブログを読んでいると、高いところから物を投げたりするところや口に何でも入れるところ、家は食べたり寝るところと決めているなど、似ているなぁと思う所がたくさんあります。
うちは、投薬はまだしてないのですが、そういった行動は、年齢とともに落ち着いてきましたか?
うちもこだわりがとても強いタイプですが、年齢とともにどんどん大変になっていくので、ツヨママさんのお話が聞けると嬉しいです。
長文失礼しました。
Commented by keikototyuyo at 2017-04-08 00:36
すけママさんへ
はじめまして。
ようこそおいでくださいました。お子さん6歳なのですね。
うちも頑固です。
でもだんだんと折り合いをつけてくれるようになりました。
制止されてなくこともたくさんありました。
危険なことは絶対にだめですが、禁止が多くなると
世界が混とんとしてくるので気をつけるようにと
医師には言われました。
高いところから物を投げることは、自分のいらないものを
捨てたかったようです。ベランダから捨てていました。
捨てられると思ったものは処分しました。
そうするとベランダから落とすものがなくなりました。口に入れるのは小1くらいで自然となくなりました。
のどに使えそうなおもちゃはすべて処分しました。
仕方ないのでティッシュをよく噛んでいました。
制止はしませんでした。安定剤だったようです。
ほとんどのものは幼さからくるもので、
年齢とともに落ち着きました。
こだわりに効く薬はないと言われますが
不安をとりのぞく薬をずっと飲み続けています。

制止が多いと自傷や他害を起こすことがあるので
危険なこと以外は徹底的にあきるまで付き合いました。

そのうち飽きてきますので・・・

我が家の場合ですが。
Commented by すけママ at 2017-04-09 14:58 x
返信ありがとうございます。
実は、ツヨママさんのブログは、3年くらい読ませて頂いていたので、こうしてコメントを返して頂けて、とても嬉しいです。
我が家は、高いところから投げるのは、川などに投げて、どう流れていくのか見たい!投げたものがそのまま落ちてるかを見たい!というのが、あるようです。
エレベーターにものを乗せて、動かして元の階に着いた時またあることを確認するというややこしいこだわりもありました…。
先日は、私の眼鏡を用水路に投げられて、見えない状態で手を引いて帰ったり、自分の服を脱いででも投げようとするので、気が抜けません。
ティッシュ、うちもよく入れてます。
でも、そういった行動も年齢とともに落ち着くとお聞きして、少しホッとしました。
こだわりは、変化していくとはよく聞きますが、それが良いこだわりに移行していくように、考えていかなければなぁと思います。
影ながら応援しています。
Commented by keikototyuyo at 2017-04-10 19:27
すけママさんへ

ご苦労お察しします。
自分だけじゃない、と思うことで
私は今まで乗り越えてきたように思います。
いい仲間ができるといいですね。
このブログにもまたどうぞお越しください。
<< 言葉の綴りを再学習 ショートステイを機にやめてみたこと >>