どんどん忘れていくけれど

小学校一年生の一学期の記事を読み返していたら
こんなことが書いてありました。

<ツヨの学校での前期の目標は、

1.「自分ひとりでできることを増やしていく」
2.「「ください」などの要求を、カードや身振りで伝えられるようになる」

のふたつです。

こだわりを減らすとか集団生活に慣れるとか、
挨拶ができるとか、読み書き計算ができるとか、
待つことができるとか、我慢ができるとか、

できたらいいなーっと周りが思うようなことは、
ツヨの目標ではありません。

そんなことは、自然に後からついてくるのを、
気長~に待つのみです。

でも先生が上げてくれた二つの大事な目標は
できたらいいなでは済まされません。

この二つに尽きると思います。

将来のために最低限できてほしいこと、
それを確実にしていくことを、
見失ってはいけないと思うのです。>

ということでした。
まぁ、こんなことを書いていたのですね。
自分で書いていても細かい部分は忘れていることが
たくさんあって
本当に私が書いた?
と思うこともあるけれど
その時その時
最善を考えて
それをひたすら繰り返してきています。

そして自分で書いておいて忘れてしまうので
こうやってブログに残しておいて
本当によかったと思うわけです。
温かいコメントもたくさん残っていて
すべて大切な宝物です。

そうして忘れてしまえる分、
どんどん前へ進んでいけるのではないかと
自分で自分を分析しています。
まったくほめられた話ではないですが・・・



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ



禁複写




by keikototyuyo | 2017-03-21 14:19 | 自分のこと | Comments(1)
Commented by ばあば at 2017-03-22 19:03 x
この子達の小学1年生の目標は
兎角 集団生活に慣れるのが
第一と考えがちですが

1 自分ひとりで出来る事を増やす
2 要求を伝えられる

この大きな目標に対して
今のツヨ君の成長振りから
先生方や親の深い愛情や熱心な
頑張りがあった事が伺われます

まだまだ 成長途中ですが
感慨深いものを感じます。
穏やかな道のり >>