長ーい冬休みを乗り切った先に見えるもの

お正月の話です。
元旦と2日は旦那とコトの二人は田舎へ。
私とツヨは家にいました。

ここ数年はツヨは田舎に泊りでは帰らなくなりました。
無理して過ごしても
誰にとっても何にもいいことがないかな~と。
小さいときはよかったのですが。

2、3か月前にお墓参りで日帰りした時は
ずっとコタツの中に全身もぐってしまい、
ご飯の時以外、半日出てきませんでした。
逃げ場なんだろうなぁ・・・いろいろな刺激からの。

家に帰った夜、風邪でもないのに熱が39度になり
ぐったりしているのでとても心配でした。
水枕をあてて薄着をして一晩と翌日様子見です。

どうやらコタツの熱にやられたようです。
私がこたつ布団を時々パタパタしていたのですが、
もっと危機管理をしなければいけなかったと
反省しました。
かわいそうなことをしました。
ごめんね。つよぽん・・・

幸い翌日の夕方くらいで熱は下がり、元気も取り戻したので
本当によかったです。

しばらくコタツ潜りはこだわりになりそうだけど。

お正月は家でいつも通りの生活をしていました。
でもついつい食べさせすぎてしまい、ちょっと太り始めたので
「おさんぽ、行こう!」
と誘うとじっと私の目を困惑した顔で見ます。
これは「行きたくない」の意思表示。
「おうちがいいの?」
と聞くと
首をこっくり!
真剣に見つめてきます。

一度、ゴミ捨てと新聞とりとポストへ連れ出してみました。
用を済ませて
「このままお散歩いこうか。」
と言うと大急ぎで家に走り出し
「ひー!」(玄関のカギを開けて!)
と真剣な顔。
「えー おうちがいいの?」
ともう一度聞くと首をこっくり。
だめか。だよね。

基本的に毎日不安でいっぱいなんだろうなぁ。
自由に解き放たれていない
常にざわざわしている感じ。

無理強いは絶対だめだ。
学校始まったら、
先生に朝の運動と体育で頑張らせてもらうしかない。

ちなみにポストに行くときは
変なテンションになってしまって
両足でキョンシーみたいに飛び始めて
「あうーっ!」となるものだから
お正月でのんびりモードの道行く人たちを
ちょっと驚かせてしまいました~(汗)

うん。
運動して勉強して歌って踊って
食べて作って掃除して友達と触れ合って遊んで
学校って本当にありがたい存在なんだと実感。

長ーい冬休みを乗り切った先に見えるもの

それは楽しい学校というこの子達の居場所です。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写




by keikototyuyo | 2017-01-07 23:57 | 中学校 | Comments(6)
Commented by Kanaoママ at 2017-01-08 19:35 x
あけましておめでとうございます。今年も楽しみに拝見させていただきます。

ご実家は、パパさんとコトちゃんで行かれたんですね。お出かけだんだん難しくなりますよね。
家との勝手も違い本人も落ち着かないし、周りにも気を使わせるし、みんなが疲れるだけですよね。

我が家も小さい時は沢山旅行も連れて行ったけど、今ではすっかり行けなくなりました。歳が近い姉妹ですが、行きたいところも違ってくるし、四人揃ってというのもどちらかに我慢させる事になります。
この冬休みは、前半、姉の希望のショッピングついでの旅行に主人と三人で行きました(田舎暮らしなので)
そして後半、お正月は施設にいる下の子を迎えに行き、家でまったりと過ごしました。
過ごし方はツヨ君と一緒です。うちも太ってきているのに食べてはゴロゴロ、しかも早食いで噛まない〜〜
食べすぎなので、ウォーキングに誘いましたが、嫌だ〜と断られました。 家ではつい食べさせすぎてしまうんですよね。施設と学校で2キロ痩せてきたのに、あっという間に戻った感じです。仕方ないので、私も学校が始まってからの朝の運動にかけました(笑)
学校って本当にありがたいですね。
Commented by ばあば at 2017-01-08 19:49 x
「楽しい学校という居場所」
これは嬉しいですね

自宅での居場所は家族の意思と努力で作れますが
学校での楽しい居場所は私達の手の及ばない
大切な場所ですから

こたつの熱あたりでかわいそうだった
ツヨ君!

孫のPも昨年のクリスマスにユタ州に住む
いとこ達に逢いに行った際
Pは大型犬にじゃれつかれ 縮み上がる程の恐怖感で
もう目に入る場所に居るだけで逃げ回る状態と
途中ホテルに2泊する長距離ドライブで
脱肛が悪化し痛みで大粒の涙を流したようです

一方 弟のAは優しいいとこ達との遊びで
帰りたくない程楽しかったんだそうです

娘たちはPにはかわいそうな事をした
これからはAと父親だけで行ってもらうと
話していました

Pの大粒の涙はPを愛してくれる人達を
オロオロさせ心配してくれたようです
Commented by みみ at 2017-01-09 22:40 x
我が家も、ツヨママさんと同じように男女双子で、四人揃っての外出は、難しいですね。双子の兄に合わすと、自閉症持ちの娘にとっては、しんどくなるし、娘に合わせると、兄にとっては物足りないようになります。私と娘、主人と兄って感じで外出するのが一番多いです。
明日から学校が始まりますが、娘にとって、1日も早く落ち着いて、友達とたくさん触れ合える場所になって欲しいものです。
Commented by keikototyuyo at 2017-01-09 22:47
Kanaoママさんへ

今年もよろしくお願いいたします。

小さいときにいろいろ連れていらしたんですね。
うちもずいぶんと頑張って出かけました。

だんだんこちらは歳も取るし
あちらは大きくなるしで
高望みはしなくなっていくのでしょうね。
Commented by keikototyuyo at 2017-01-09 22:54
ばあばさんへ。
学校が本当に手厚く、いろいろとやってくれているので
ツヨは安心して楽しく通えていると思います。
時には思いが伝わらなかったりあるかもしれないですが、
集団生活だと家で私に甘えるようにはいかず
折り合いをつけて頑張っているようです。
卒業したくないです。
居場所があるって本当にありがたいです。

お休みの過ごし方も家族で無理のない一番いい形を考えて
いきたいですね。
Commented by keikototyuyo at 2017-01-09 22:59
みみさんへ。

双子ちゃん、大変ですね。
我が家も小さい頃は動物園などに出かけても
門をくぐったらもうバラバラで、二手に分かれ、
お昼は会えたら一緒に食べ、また解散・・・
みたいな感じでした。
誰かが我慢することが多くならないように
途中でたっち交代したりして。

学校、楽しい場所になるといいですね。
<< さあ私のやる気スイッチはどこ? 今年もどうぞよろしくお願いいたします >>