人生は一人でせっせと歩く道

唐突ですが、いつもブログを読んでくださっている皆さん、
いつも支えられています。
ありがとう。

あ、やめませんし、休みません。
大丈夫。

更新が滞っても
勝手にいろいろ悩んでどんよりしても
ブログの向こう側にたくさんの読者の方々がいて、
ツヨコトと私の様子を見守っていてくれることは
一日だって忘れません。

人生は基本的に一人でせっせと歩く道。

道の両側にはたくさんのお顔を知ることもない方々もいて、
みんな無限に交錯しながらそれぞれの道を進んでいる。

そのお顔の中には家族やママ友や旧友、
ブログ仲間や先生方もいらっしゃる。

毎日一万人弱くらいの方がのぞきに来てくれます。

なんだろう。
不思議だなぁ。
何か私からいいものが出ているのかしら。(何?!)
楽しいマンガもたいした写真もないブログです。

いつもありがとう。
そして支えられています。

どんな小さなことからも言葉は無限にあふれてきて、
どんな小さな風景からもいろんな意味がみえてきます。

「この世の中のことはすべてに意味があって
人の心の中は無限に違って
でも
時代を超えても性別や境遇を超えても
普遍的に求めるものは同じ」

かもしれないなと思っています。

なんだか哲学者みたいになっていますが。

その普遍的なことを
ぽつりぽつりと
文章にのせていく。

それが私の仕事なのかな
と。

そんなことが
今、パソコンの前に座ったらあふれてきました。

ふふ。

ではまた。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ

禁複写

by keikototyuyo | 2016-11-04 21:28 | 自分のこと | Comments(4)
Commented by 手を繋ぎたい at 2016-11-05 23:15 x
こんばんは。
甥(6歳)が自閉症で、関わり合い方をもっと知りたいと思い、2年ほど前にこちらのブログに出会い、拝見しております。過去記事も全て読みました。その甥には年子の妹がおり、双子のように育っているので、ツヨ君とコトちゃんに重なります。特にファミレスでハンバーグとメロンソーダを頼んだエピソードでは思わず嬉し泣きしてしまいました。日々の暮らしの事、兄妹の事、将来の事、叔母として何ができるのかを考えるにあたり、とても参考になります。
私ごときが...と今までコメントしなかったのですが、私みたいに一見傍観者でも本当はコメントしたくてウズウズしてる読者さんが沢山いらっしゃると思います。それ位、ツヨママさんの言葉は心に響きます。ツヨ君にとっても、コトちゃんや御家族にとっても、暮らしやすい世の中でありますように。乱文失礼致しました。
Commented by keikototyuyo at 2016-11-06 00:11
手を繋ぎたいさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
甥っ子さんが自閉症くんなんですね。
何かしてあげたいと思っていただけるお気持ちが
子ども達が安心して育っていく糧になるかと思います。

このブログはとてもコメントの少ないブログで
みなさんに気を使っていただいているのかなぁなんて
感じています。
一時期すごく相談ごとや長文のコメントをたくさんいただいて
それにお答えするだけで何時間もかかることがありました。
今は記事の中に私が言いたいことはたくさんつまっているので、そちらを読んでいただくようにしたりしています。
お休み宣言などをするとたくさんの方々から、温かいコメントをいただいたりして嬉しい悲鳴です。

手を繋ぎたいさんを代表として、コメントしたくてうずうずしているみなさんがいらっしゃると思って楽しく想像することにします。
ある方はどんな子育てをし、ある方はどんな人生の道をあるいていらっしゃるのかな・・・なんて。

どうぞいつでもおこしくださいね。
Commented by taka at 2016-11-09 23:07 x
3年ぶりくらいかと思います。随分とおひさしぶりなコメントになります。ツヨちゃん、コトちゃん、大きくなられましたね。過去ログも読ませていただきました。放デイも順調に事業を行っております。またコメントしに来ますね。
Commented by keikototyuyo at 2016-11-10 21:53
takaさんへ

お久しぶりです。コメントありがとうございます。
お仕事も順調のご様子なによりです。

月日が経つのは早いですね。

またどうぞ遊びにいらしてくださいね。
<< 宿泊時の荷物 宿泊学習  得られる経験の多さ >>