将来のこと

特別支援学校中学部三年生のツヨの近辺にも
高等部の話がちらほら届くようになりました。

高等部といってもおそらく本人にとっては、今の中学部が校舎の一階なので、
それが二階に移り担任制度が変わるというのが大きな違いでしょう。
ボケっとした私が願書を出し忘れさえしなければ・・・
(それは危なすぎる!)

高等部は18歳からどこでどんな風に過ごすのかを検討する時期でもあります。
卒業後の進路は、豊富にあるわけではありません。
通える範囲を考えると、どの親御さんも、本人が自力通勤するにも親が送迎するにも
できるだけ近いところで・・・と思うものです。
うちの地域では、ドアツードアで送迎までやってくれている施設は少ないのが現状です。

何より大切なのは、本人が
「通いたいな」
と思える場所かどうか。
行きたくないところに毎日行かなければならない状況は
こんなにつらいことはありません。
学校と違って卒業しないのでそれがずっと続くわけです。

募集人数や定員もあるので、第三~第四希望くらいまで用意できておくと
いいのかもしれませんね。

お仕事の作業自体がこよなく好きな人もいれば
職場の人間関係やコミュニケーションがとにかく気になる人もいる。
お仕事の合間の休憩のおやつや昼食が最大の楽しみであったり、
社員旅行やイベントを心待ちに日々を過ごしたり、
送迎の車や電車の移動自体にウキウキするタイプもいるでしょう。

職員さんの専門性や資質やモチベーションが、
良識の範囲で基準をクリアしていることはそれ以前の大前提。
施設によってカラーはあって、それは合うものを選べばいいし、
合わないなら自分が選ばなければいいだけ。
でもこの基準は、どこの施設でも常に安定していることを、
きちんと声と態度で求めていくべきだと思います。

施設のカラーとしてはツヨはどうなのかな。
こだわりが尋常ではない状況がだいぶ収まって
体も心もすこぶる元気。
頼めばなんでもやってくれるやさしさとまじめさもある。
(すぐこだわっちゃうけど)
人の10倍くらい働くかも。
でも難しいことは無理。
そこそこ器用だけれど、繊細な仕事は無理。何せ知能が二歳なので。
食べることと乗り物が大好き。
旅行もイベントも好き。(こだわっちゃうけど)

・・・ということは

すぐこだわっちゃうんです
というツヨの特性をよくわかってくれて
食事がそこそこ温かくて
集中してやる難しくない作業がそれなりにあって
体を使ったお仕事や余暇があって
私が送迎しやすくて
ヘルパーさんと安全に楽しくバスなどで帰ってこられる
ごみごみした都会ではないところ

こんな感じかな。

いい製品を作ったりできるタイプの人は
ぜひそういうところへ行って生きがいになったらいいなと思うし、
人と話すことがこよなく好きな人は、心おきなく話せるところを選んでほしい。
自立することを目標にできる人は通勤もお仕事も生活も、
ぜひ高い目標を持って頑張ってほしい。
音楽が好きで落ち着くなら、いつも音楽が流れていて、
楽しく過ごせるところだっていい。
一人で静かに過ごしたい人は、少ない人の中で、心が騒ぐことなく穏やかに、
多くを求められることなく幸せに過ごしてほしい。

何より大切なのは、本人が
「通いたいな」
と思える場所を探すこと。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ


禁複写



# by keikototyuyo | 2017-09-21 15:12 | 息子の将来 | Comments(0)

「不要な着替え直し」という新たなこだわり

昨日から「あれ?」と思ったこと。

そして今日「もしかして・・・これは、やはり・・・」と言葉を失う私。

新たなこだわりが出現したかもしれません。

昨日、洗濯物を午後に取り込むときにパジャマが二組、干してあったのです。

そして今日も二組ある。

そういえば昨日、夕方デイから帰ってきたツヨが
取り込んである洗濯物から自分のTシャツとズボンと靴下を取り出して
その場で慌てた様子で着替えていました。

どういうことかというと

まさかの一日のうちに二度着替えるこだわりの出現です。
汚れているわけではないので「不要な着替え直し」と言えるでしょう。
しかも洋服とパジャマと両方。

パジャマは朝方5時ごろ飛び起きて、着替えて、洗濯機に入れているようです。
部屋からタンスをバタンバタンとけっこうな勢いで開け閉めする音が聞こえてきました。
パジャマからパジャマへ、早朝に飛び起きて着替えるという強迫的なこだわり。

洋服は今日は自分の部屋で、いつもはタンスに自分でしまうはずの、
ベッドの上に私が置いたTシャツとズボンと靴下に履き替えていたようです。
後でタンスを見たら、今日着ていた汚れたTシャツとズボンと靴下が入っていました。
こちらは洗濯機には入れないのか。
それも今回生まれた独自のこだわりか。
(うん・・・まだ洗濯機に入れてくれたほうがママはよかったと思うよ・・・
そんな余計は指導はしないけれど。)

しかし、なんとも切ないです。
「着替え」という私たちには日常的で社会的で適切な仕組みも、
重度の自閉症という混沌とした世界に生きているツヨにとっては、
私たちには想像できないような「よく分からない刺激物」になってしまうのかもしれません。

どう対応するか、難しい。

一時的である可能性が強いので、しばらく様子をみるか、さてどうしましょうね。


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ


禁複写








# by keikototyuyo | 2017-09-16 22:20 | こだわり・常同行動 | Comments(2)

常同行動・ずっと声を出す

自閉症児・者には常同行動というこだわりがしばしばみられますが、
ツヨは体を前後や左右に揺する行動があります。
これは小さい頃にはありませんでした。
小さい頃はピョンピョン跳ねはしたものの
一見普通の様子に見えていたように思います。

小学校高学年くらいからでしょうか
教室の椅子をかったんかったんと前後に揺らすようになり
今でも続いています。
そういうお子さんは珍しくないかもしれませんね。

最近始まったのが
「ウン ウン ウン」
と恒常的に声を出すことです。
一秒に一回、朝起きてから寝るまで
食事や何かに没頭しているとき以外ずっとです。
今、やっと寝ましたが、もう空耳で聞こえてきそうです。

もともと声をよく出す子で
「ひー」
「むー」
「ほー」
など自分の声を楽しんでいるような発声はありました。

「ウン ウン ウン・・・」
はいつまで続くのかな。

家族はちょっとしんどいです。

本人も相当疲れるのでは?と思います。
誰かと話していて相槌をうつときに
「うん うん。」
と言うような感じ、というとわかりやすいかな。

あくまで想像ですが、ツヨの中で確かに相槌的な
こう、生活時計をリズミカルに刻む前向きな感触になってしまったのかもしれませんね。


ある時、ふと始まって
いつの間にか消えたり、ずっと残ったりする常同行動。

これはどうか消えますように・・・


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ


いつも温かい応援ありがとう

にほんブログ村 子育てブログへ


禁複写











# by keikototyuyo | 2017-09-10 23:24 | こだわり・常同行動 | Comments(2)